FC2ブログ

万葉の恋うた(不思議な絵本)

万葉の恋うた(不思議な絵本)

 ちょっとしたご縁から、絵本
 「万葉の恋うた」
 を送って頂きました。

DSC_94621300.jpg

 小学生から楽しめる! 万葉集の絵本
 「これは、これは・・・」
 と表紙の二人に魅せられて、急き立てられるようにページを開きます。

DSC_94641400.jpg

 柔らかな雰囲気の中にキリッとした美少年
 父の出勤を見送る主人公の母娘、古代の不思議な世界。
 もどかしくページを繰ると、中央に羅生門、都の市が紹介されて
・布と税、地方からの運搬、
・東国の麻の種まき、糸つぐみ、織り上がった布の水さらし、
・・・と語られ

 「わたし、心をこめてこの麻布で衣(ころも)をつくるわ。
 あの方になんと云ってお渡ししよう」

 と、主人公の謎めいた心の内が描かれます。
 その先は・・・・・
 ここで書いたらぶち壊しですよね。

 さて、次はと、ドキドキで繰ると、平城京の市場の場面です。

DSC_94721400.jpg

 何と、ここで、あの万葉集巻7-1264の一首が紹介されます!

 西の市に
 ただひとり出でて
 目並べず
 買ひてし絹の
 商(あき)じこりかも

 このまま読めば
 「ただ一人で、よく見比べもしないで買った絹は、安物で大損だった」
 でしょう。でも、私たちはそうではなくて
 「良く判断もしないで決めた恋人は、買い損(そこ)ないの駄目男」
 と教わりました。我が連れ合いは
 「今の子どもさんには、これで通ずるのね。絵本って、変わったのね」
 と感心しきり。

 でも、後になって、
 「子どもさんに解説をねだられたら、どうするんだろう、困っちゃうわね」 
とこぼします。

 その後、しばらく麻布の話が続いて、東国に来ます。
 待ってました。

多摩川万葉歌碑1400
多摩川河畔に建立されている万葉歌碑(狛江中泉4丁目 大正11年・1922再建)

 多摩川に
 さらす手作り
 さらさらに
 なにそこの子の
 ここだかなしき

 巻14-3373 東歌
などが紹介されます。

DSC_94741400.jpg
 
 我が意を得たりとばかり、かって巡り歩いた場所場所が、何でも忘れてしまう頭に浮びあがってきます。

多摩川狛江市1640
(歌の詠まれた多摩川(1992.08.12.) クリックで大)

 この絵本の魅力の一つはその後です。

・平城京の役人は、農繁期に休みがもらえたの?
・農作業に関係する歌には、ほかにどんな歌があるの?
 巻頭の女の子が稲を刈る借り宿で一人誰かを思いやり・・・
・平城京に時計はあったの?
 巻頭の女の子の思い馳せる姿・・・
・女流歌人の恋の歌には、どんな歌がある?
 巻頭の若者に寒風が・・・
と問が続き、絵が答えます。

 吸い込まれるように入って、いつの間にか歴史の深みに対面する。子どもと大人が共に物語の世界を一つにする。
 東歌にうつつを抜かして、万葉の故地を歩き回った後期高齢者、読んで思わずはしゃぎます。連れ合いは、
 「これを読んだお子さんは、本箱に大事にしまっておいて、青春時代、大人と、その都度、取り出しては目を通すんでしょうね」
と言います。現代の絵本は変わったんですね。

 ミネルバ書房 監修・上野誠 絵・花村えい子 編・こどもくらぶ 企画・製作(株)今人舎 「万葉の恋うた」

 久し振りの絵本の魔力、新しい世界に接してにビックリです。

(2020.11.11.記)

 羽村堰の工事に入札を書きました。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR