FC2ブログ

ばばあのふところ

ばばあのふところ

 東大和市の微笑ましい地名の一つに蔵敷の「姥の懐」(うばのふところ)があります。青梅街道の蔵敷バス停から市立狭山緑地への道すがらのところです。厳島神社、「東京サンショウウオの生育地」を経て狭山緑地に入ります。画像、左前に見えるのが、かって、丘陵から湧き出る自然湧水が作っていた弁天池です。貯水槽となり、よもやま話「貯水槽になった弁天池」を伝えます。

DSC_1982640.jpg
 (青梅街道から厳島神社の参道が続きます。クリックで大)

『東大和のよもやまばなし』から紹介します。

 「蔵敷には、昔から「ばばあのふところ」といわれる場所があります。
 蔵敷バス停から、少し西によったところを、山側に入ると弁天社があります。その右手の山あいのくぼ地に、奥深く広がる場所で、自然に風を防ぎ日当りもよく、ちょうど乳母のふところのような地形です。狭山の栞に「姥がふところ」とあるのがここの事と思われます。

蔵敷地域狭山丘陵640
 (ばばあのふところの周辺図 クリックで大)

 ここに長年住んでおられる島田茂吉さんは、よく他所の人に「あんたのところは暖かいよ、ばばあのふところだからな」と言われるそうです。また、奥さんも「あそこは、ぬくいので昔から心も体も安心して休める場所なんですよ」といっておられます。
 島田さんが子供のころは、赤松の古木が大きく茂り、萩、じじばば(春蘭)、みつばつつじ、狼つつじ、きれんげ、鉄砲百合などがきれいに咲いておりました。
 ここで、男の子達は戦争ごっこなどをして遊び、女の子は、弟や妹のお守りをしながら、つみ草や、きのこがりなどをしていました。夕方になると、弟妹の手を引きながら、ざるに一杯になったきのこを持って、家に帰って行きました。

DSC_5189640.jpg
 (狭山丘陵の中からの「ばばあのふところ」丘陵を歩いていてホッとします。クリックで大)

 山の方から、突然野うさぎが走ってきたり、大木の上では、気の強いリスとカラスがけんかをしていた事もありました。
 ここの主でしょうか? 以前から、直径約十センチメートル、長さ二㍍の山かがし(赤蛇)がすんでいます。春になると時々顔を見せますが、人間に危害を加える事はありません。湧水で出来た池の辺りがすみかのようです。
 このばばあのふところも戦争中に防空壕を掘ったため穴がたくさんてきてしまいました。
(東大和のよもやまばなしp218~219)101

姥の懐400
 (明治6年(1873)蔵敷村地図に記入された地名「姥の懐」クリックで大)

 明治6年(1873)、蔵敷村は神奈川県に村の略図を提出しています。そこには谷田、林前、鼠沢などの小字名に、「日蔭山」と対するように「姥の懐」の名が記されています。日だまりの暖かみのある場であることが伝わってきます。狭山緑地から見える箇所も家々が建ち並んできましたが、まだ、雰囲気が残されています。

 近くに「貯水槽になった弁天池」が伝わります。

 (2018.10.14.記)



コメントの投稿

非公開コメント

ばあばのふところ

ここら辺りは時々訪れる場所だと思いますが
そう呼ばれているところとは知りませんでした。
道沿いにギンランやササバギンランが自生していていい所ですね。
もっといろんな雑木や山野草が咲いていたのですね。
昔の話を聞くとなぜかホッとします。

sage55様

 緩やかな谷間になっていて、スッポリと丘陵に抱かれています。
 ハケに接しているので水場が豊富で、子供の頃は落ち葉をかき分けてサンショウウオの卵探しに夢中でした。
 我が家までは40分ほどかかりましたから暗くならないうちに帰り着くのが大変でした。

 おっしゃるとおりたくさんの花々が咲いていました。最近は家が建て込んできて、雰囲気が変わっていますが、懐かしい宝の場所です。 
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR