FC2ブログ

東大和は古墳の空白地?

『東大和市に古墳はあるの?』
 子供達に良くきかれます。答えに窮するばかりです。
『東大和市内では、まだ、有るか無いか、わかっていないんだ』
 と答えます。そして
『塚と云われる、或いは呼ばれた、人の手が加わった工作物はいくつかあって、小さな古墳かな、とも思えるんだけれども、確認されたものはないんだ・・・。』
 と付け加えます。
 例えば、古墳の存在が類推される村山貯水池に沈んだ古村の内堀には、行人塚、東光院塚、庚申塚、大塚、御判塚、腰の塚、送神塚、霊光塚など8基が狭山之栞に記されています。庚申塚や御判塚は近世のものとしても、何らかの塚があったことは確かです。

 このような状況から、古墳の空白地と断ずるのは過ちのもととなりますので疑問符を付けました。では、古墳時代の集落は存在したのかというと、現在までに、確認された住居址は1~2軒で、散在する状況しかわかっていません。
 武蔵国の古墳を思い浮かべながら、所沢市で発見されている古墳とその集落を頼りに、狭山丘陵の南麓のどこかで発見される日を待ち望んでいるのが、実情です。(2012.10.18.)
 
東国古墳位置図東大和入り_edited-4

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR