FC2ブログ

B6カード

 もう50年も前の手法が役に立ちそうです。

 市の観光ボランティアガイドの一員に加えて貰っています。
 歴史関係のデータをみんなで使えるように、データベース化しようと云うことになりました。
 「やりましょう」
 と引き受けました。

 そこまでは良いのですが、我がパソコンのデータは年代順、分野別になっています。
 まち歩きコースにあわせてのガイドには使えないことに気付きました。
 さて、地域別にまとめるには?

 云うは易く・・・で、実際に始めてみると実に大ごとです。
 いい加減クサクサしていると、窓際の棚に一列に並んでいるカードボックスに目が向きました。
 若い頃つくっていた歴史関係のカードも入っています。

カードボックス

 さっそく、取り出してみました。
 試しにと、いくつかを地域別に並べてみます。
 そんなにおっくうではありません。
 これなら行ける!!

 喜びも束の間、残念ながら、手書きの紙のカードです。
 スキャナーにかけても文字を認識してくれません。

B6カード

 やむなく、パソコンに入っているデータをもう一回、カード並に小分けしてコピペすることにしました。
 早くからやっときゃ良かったものをと悔やまれます。
 でも、B6カードの威力を思い出して、フムフムです。(2016.07.04.記)

コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労さまです

頭が下がります・・・!
貴重なデータを、今後にぜひとも役立てないといけませんね。

イッセー様

 まち歩きのデーターは、そこにあるモノについてが明確でないと使えませんね。
 手がけてみてこんなに難しいモノとは思いませんでした。
 前後の関係からの記述が制限されるため、さらに工夫が求められます。
 パソコンが普及する前の情報整理にはB6カードが使われ、便利しました。結構、抽出力の訓練になったと思っています。しんどい年齢になりましたが、その頃のワクワクを思い起こしながらやってみます。

B6カード

50年も前から続けていた膨大な記録、脱帽です。早くからデータのIT化に取り組まれた理由が納得できます。Junpei

No title

私もいつかデータの整理をしなければ・・・と思いつつ、時間がどんどん経ってしまいます。
寺社については宗派別・本尊別・石仏別などに整理しておけば、何かと便利だとは分かっているのですが・・・。

Junpei 様

 有り難うございます。B6カードが流行した時がありました。覚えが悪く整理が下手な自分にとってピッタリで、のめり込みました。

 それから「知子の情報」「Evernote」と使ってきましたが、ここで、改めてB6カードの良さを思い知らされました。ITと併せていろいろ工夫してみます。

sausalito様

 膨大な記事を拝見する度に、綿密に整理されたデーターを使って居られるのだろうと、羨ましく思います。

 尻に火が付いて、毎日1時間ずつ整理を始めました。抜けていることに気付くことが多く、その部分を埋めるのに結構楽しんでいます。

凄い!と大変さに驚き

大量のデータをどう整理しながら取り込むのか大変。データベース化の見出しや内容の取り込みは大変ですね。手書文をスキャナーが認識しないのですか。知りませんでした。

東大和y様

 有り難うございます。

 カードですと順番に並べておけば、大体見当が付きますが、仰るとおりパソコンに入れると直接見えないからおお事です。ただ、検索能力がスゴイので、それに任せることにしました。

 取り敢えず、市の区域が17に分かれて居ますので、Evernoteにその枠組みを作りました。少しずつ入れていますが、現在のところ順調です。

大仕事

ご苦労さまです。

凄いデータの量ですね。
貴重な資料をどうぞ残しておいて下さい。

作業は大変でしょうが、無理をされませんように・・

さっちゃん様

 おかげで、若返っています。
 ただ、記憶力が爆減しているのには、がっかりです。
 連れ合いは
 「それで丁度いいのよ」
 と素っ気ないですが、何とかしなくてはと先が思いやられています。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR