FC2ブログ

ビョウヤナギ

 久しぶりで都立南公園を経て玉川上水縁を歩くいつものコースを辿りました。
 暑くてフウフウして戻ってくると、公園でボランティアの方が花の手入れをしています。
 「いつもご苦労様です」
 と挨拶をして、話し込んでいると、老夫婦がボランティアの方に訊ねます。

 「ちょっと教えて頂きたいんですが、これはキンシバイ(金糸梅)なんでしょうか?」
 「いや、ビョウヤナギって云うんです」
 「ビョウヤナギ・・・、どんな字を書くのですか」
 「中国原産なんで、未央柳って書いてます」
 「それで、ビョウヤナギ? 不思議ですね・・・」

DSC_0723.jpg

 「同じようで、セイヨウキンシバイがありますよ」
 「○○さんには、区別が付かないでしょうね」

 変なお鉢が回ってきました。全く区別が付きません。
 どうもおさまらなくて、帰宅して調べてみました。
 ビョウヤナギと少し違うけれど、ほとんど同じです。

 よし、「ビョウヤナギ」と「金糸梅」と「セイヨウキンシバイ」を並べて見よう。
 と意気込んで再度出かけました。
 残念ですが、今回はこのビョウヤナギしか撮れませんでした。

 ブログ、すっかりご無沙汰してしまいました。友達から
 「お前、大丈夫か!!」

 って、電話がかかってきました。いろいろ言い訳をして
 「ビョウヤナギとセイヨウキンシバイとどう違う」
 と聞いたら

 「ヒメキンシバイと並べて見ろ」
 「そんなのあるのか・・・」

 この世界、きりがないですね。  (2016.06.25.記)

コメントの投稿

非公開コメント

ビヨウヤナギ

そうそう、この仲間はいろいろあって難しいですね。
丘陵にはキンシバイがありましたね。
どなたかのお宅から逃げ出してきたんでしょうか。
セイヨウキンシバイかヒメキンシバイですか・・・
こうなるとお手上げですね。

sage55様

 教えを乞おうとしていたところにコメントを頂きました。
 有り難うございます。

 この種の花は、何でも金糸梅と思い込んでいました。
 それが、種類が大ありで、みんな意味を持っていて、この世界の際限なさに驚きです。
 幸い、東大和南公園にはヒメキンシバイを除いて揃っているそうですので、時間をかけて探してみます。

大丈夫か

ブログ、大丈夫か…と思っていた人は多いでしょうね。ビョウヤナギ、xxキンシバイ、これらを見分けられる人がいるというのは凄いですね。Junpei

Junpei様

 大事な講座の資料つくりの時期に、メインとしているパソコンの立ち上がりが3分と、遅くなって、どこか故障か?とイライラの毎日です。

 デ-タ移動を優先して、時間が取られ、高齢のため、何かとすることにもたついて、ついついブログが遠のいてしまいます。
 早く抜け出さねばともがいています。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR