FC2ブログ

明治の小学校(東大和市)2

 明治の最初の小学校って、どんな様子?

 学校の仕組み

 「国民皆学」のスローガンのもとに、小学校は上等、下等に分かれていて

  下等4年間 6才から9才  
  上等4年間 10才から13才

 が就学を義務づけられました。

 実際はどのくらいが学校に通ったのか(就学率)
 全国の就学率は28%とされます。当時、この地方は神奈川県に属していました。神奈川県では40%弱が伝えられます。
 東村山市史では、市内4つの学校の就学率を 
  
  明治6年(1873) 32% 28% 13% 18% 

 としています。その後、学校施設の整備と共に増加したとされます(東村山市史下p85)。
 東大和市域では、最初のことははっきりせず、明治8年(1875)の蔵敷村の状況は

  学齢人口 6歳~13歳まで 男24人 女31人
  就学            男22人 女19人
                91%  61%

 となっています。これは、特殊な例と思われます。女子の就学率は低く、子守や家事手伝いをすることが多く、途中で止めて年季奉公に行く子もかなりいたと伝えられます。
  
 教科は

 大きく「習字」「算術」「読物・素読」に分かれていました。
 「習字」は、男子はイロハ、当用カナ、村名、国尽、消息往来、商売往来、農業往来などでした。
  女子は、イロハ、東京往来、陳情控、女消息などでした。

 「読物・素読」は、男子は和漢三字経、智恵の環、世界国尽などで、女子は女小学、女今川、女大学、智恵の環などでした。

 明治7年(1874)に蔵敷村の汎衆学舎(第百四十三番小学校)に備えられた教科書と教師用の参考書は次の通りです。(東大和市学校教育のあゆみ(p17)個々の児童は買うことが出来ずに学舎に備えていました。それらは、村の有力者の寄付であったようです。
明治の教科書
(クリックで大)
明治27年(1894)頃の様子

 建設時の授業の様子は伝えられませんが、時代が少し下がり、明治27年(1894)の頃の様子を『東大和のよもやまばなし』は次のように語ります。明治23年(1890)、学校の統廃合が行われ東大和市内の5つの学舎は3つの小学校に編成替えが行われています。

 「第一尋常小学校は芋窪の生活改善センターの所にありました。古い木造の校舎で、芋窪と蔵敷の子供たちが通いました。一クラスは三十人ほど、四教室ありました。その頃の校長、石井以豆美先生はひげを生やされ、年中「篠ン棒」(しのんぼう)を持ち、校長先生自ら授業をされました。今年八十六歳の木村さんは、小学生の頃、自習時間に遊んでいてそのムチでぶたれたことがあったうです。

 運動場は、豊鹿島神社の裏山の辺で、ここは子供たちにとって格好の遊び場、毎日にぎやかな声がひびいていました。

尋常第一小学校跡
第一尋常小学校が置かれた豊鹿島神社社務所(生活改善センター)

 第二小学校は雲性寺にありました。なにしろ校舎がせまく、教室は一つでした。お寺の大きな部屋が教室で、中央に黒板を背中合せにして区切り、生徒は学年別の二つに分かれました。二人の先生が同時に授業を行ないますと、間仕切がありませんので互の声がつつ抜けです。
 冬は毎朝、薪を一本つつ学校に持ち寄り、大きな角火鉢で燃やしながら勉強しました。

尋常第二小学校跡
第二尋常小学校が置かれた雲性寺 昭和56年(1981)再建

 第三小学校は狭山公民館のところにあって、四教室でした。生徒がいっぱいになったので墓地の霊性庵も教定(室)に使われました。しかしそこは、床のすき間から風が吹き上げ、冬の寒さは格別でした。雪の降るような寒い日には炭を起こしてあたりますが、火のそばは、いつも男子に占領されてしまい、女子はあたれませんでした。休み時間になると子供たちが墓場の中を飛んで廻り、そのあげく、土葬のくぼみに足を突込んでしまったこともありました。

尋常第三小学校跡
第三尋常小学校が置かれた圓乗院所有地・現狭山公民館

 今は貯水池になっていますが、当時、石川部落から学校に通った子供たちは一尺(約三○センチ)ほどの大雪が降ると半鐘を鳴らして雪かきをしました。自分の領分だけで、他はまだ雪が積っています。そこで男子は、松の木で竹馬を作りそれに乗って学校に行きました。女子はわら草履です。どちらも素足で行き、足袋は学校に着いてからはきました。

 欠席もなく、成績優秀な生徒に男女二人つつ賞状が与えられました。賞状は郡役所までもらいに行くのです。親にとってもそれは大変名誉なことですから、喜んでその日のために着物を作ってあげました。」(p78)(2015.03.29.記)
 前に戻る
 ウオーキングマップ多摩湖編

コメントの投稿

非公開コメント

当時の小学校

貧しいながら、子供達の教育を大切にしていたことが伺われます。不十分な施設で厳しい寒さの中で学んだことは、生涯忘れられなかったと思います。
教育にはお金が必要なことが、思い知らされます。

はんのすず様

 神社やお寺で授業をしている内はまだ良かったらしいのですが、校舎を建てるときは大変だったようです。寄付と借金でまかないました。そのために草鞋を編んだ話が伝わります。

 それだけでは間に合わなくなり、大正期に入って、ついに、それまでの6つの村を合併して、中央に、現在の第一小学校を建設することになりました。

 現地を歩くと、教育を大事にしたこの地域の事が浮かんできて刺激されます。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR