FC2ブログ

明治の小学校(東大和市)1

 東大和市に最初の小学校がつくられたのはいつ? どこに? どんな様子で?
 あまり確実な資料が残されていない中で追ってみます。

いつ、どこに?

 よく、明治5年(1872)8月、新政府が「学制頒布」をしたことにより、小学校が義務化され、校舎造りが始まったとの説明を聞きます。ところが、東大和市周辺では、そうはいかなかったようです。蔵敷村の有力者・内野杢左衛門氏の記録(杢翁記録)に次のように書き残されています。

 明治五年八月、学制が御頒布された。同六年二月、従来ノ筆学所(寺子屋、手習い)は一切廃止されることが神奈川県より達せられた。
 当時、村々の間では、芋窪・蔵敷・奈良橋に小学舎一校を設け、高木・後ケ谷・宅部・清水の四か村に一校と決めたが、まだ着手していなかったので、それがたちまち破られ、次のように校舎を置くことになった。表にします。
明治の小学校
(クリックで大)

 これからすると、神奈川県からの強い通達によって、設置の年代は明治6年(1873)、場所は神社か寺院、寺子屋で、先生は神官や僧侶、寺子屋の師匠が当たっています。研精学舎の内堀太一郎は郷学校の卒業生、後藤兵庫は神官でした。校舎を新設したり、教員を招く余裕はなかったことがわかります。

明治の小学校2
(クリックで大)

 当時の村は狭山丘陵の南麓、村山道、志木街道に沿って形成され、それ以南は人家はなく一面の畑でした。村山貯水池は存在せず、古くからの村が営まれていました。貧しい村でしたが、教育熱心で、最初は7つの村で2校が予定されましたが、小学校教育の義務化が通達されると、一度に「我が村へ、我が村へ」の要求が高まり、5施設が開設されています。神社や寺院を学舎として利用した背景が村人たちの熱意の象徴として浮かんできます。運営は村人たちの寄付と奉仕で行われました。

 学んだ内容や就学率は次のページに続けます。(2015.03.28.記)

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR