FC2ブログ

入院中のクリスマス

「主治医さんと看護師さんがサンタになって、
まわってくださったの・・・」
 入院中の妻は感極まっている。
 
 ともすれば、落ち込みがちな入院患者にとって
 医師と看護師は何を置いてもの存在
 謹厳な医師の微笑みに、人のぬくもりをじかに感じたようです。

クリスマスカード 
そして、もう一面のメッセージ欄には

クリスマスカードメッセージ 
「この病院で良かったわ」
病院は変わろうとしています。(2013.12.25.)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

思わずホロリときてしまいました。
素敵なお話をありがとうございます。
奥様が一日も早く退院できますように。

トカ太様

 入院先の部屋の様子は一日一日、変わります。術後、少しでも自立できる患者さんは、退院して行きます。それだけ救急需要が多いのでしょうが、その状況下での、気遣いに、病院もやる気だな、と思います。
 野火止用水

No title

ワタクシは幼少のときに、ずっと入院生活をしていたもので、
病院というと怖いというトラウマしかないのですが・・・。
最近の病院は優しくなっているのですね。

奥様の一日も早いご回復と退院をお祈りします。

イッセー 様

 病院の変わりようには驚きです。看護師のテキパキさばきも見事ですが、午後5時になると交代らしく、
 「○○です。夜の交代でーす。変わったことない? よろしくね・・・。」と一人一人に挨拶に来ます。

 暮れから正月にかけて、一時帰宅が許されました。安心したようです。
 野火止用水
 

カード

いいお話ですね。
心がこもっていて、こういう病院なら何かあったら入りたいです。
どうぞお大事になさって下さい。
また、お散歩の光景、こちらのブログで見せてくださいね。

sage55様

 同室の方々は全て、整形外科のため、骨折が多いのですが、高齢者のおおむね半数の方々が糖尿病を患っておられます。体格が良く、車いすでのトイレは怨嗟の的です。
 
 「せいぜい、上水とか狭山丘陵とか歩いてさ、フツウの身体を維持しないと、ダメね」と言い始めました。散歩記事が書けるようになるのを楽しみにしています。 野火止用水
 
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR