FC2ブログ

じじ・ばばのバレンタインデー

じじ・ばばのバレンタインデー

「今日のコース、私に合わせてよ」
「暖かいからセーター脱いでゆくか」
日課として義務づけている杖をついての買い物を兼ねた足慣らし、
左足の痛さをこらえて出かけます。

「トマトとお豆腐は私が持つから、野菜は上にしてよ」
洗剤、つゆのもと、野菜の順番にリュックに詰めての帰り道、いつも渡る信号機を通り過ぎます。 

「この道行くと、確かケーキ屋さんだよな」
「そうよ、何年ぶりかだけど・・・」
朝方、ご主人のケーキ作りに小学生が群がっているショウウインドーに近づきます。

「一日早いけど、じじ・ばばだからイイでしょ」
「ありがとうございます」
奥からご主人が顔を出して迎えてくれます。
「私はこれ」
「俺はこれ」
って選んで帰ってきました。

DSC_7517640.jpg
(クリックで大)

イヤー、久し振りでおいしかったです。
「本物っていいわね」
「さすがだ!」
通り過ぎたかってのバレンタインデーが思い出されます。

チョコレートは子供たちが送ってくれます。明日届くかもしれません。
「明日、来たら、血糖値上がっちゃうね。しばらくお預けだね・・・」
「大丈夫よ、任しといてよ。それより、倍返しってんの忘れてないわよね!!」
スッカリその手に乗ってしまいました。

(2020.02.13.記)

清水上砂台遺跡を書きました。

上を向いて歩こうと言い聞かせ

上を向いて歩こう
      と言い聞かせ
 

 脊柱管狭窄症は変わり身が早いです。最初右足が痛かったのにいつの間にか右足はしびれに変わり、今度は、左足が痛むという状況です。

 体力低下が最大の敵と聞いて、せめて歩こうと義務づけました。まだ、ほんの少ししか歩けないのですが、昨日、ふっと、何か違うと気がつきました。確かここでは家並の向こうに狭山丘陵が見えたはず、それが、今見ているのは家並みだけ。視覚に地面や木の根っこが多いのです。連れ合いに聞くと

 「この頃、ちょっとばかり下向いて歩いているわよ」
 「そうか、痛みに、知らないうちに腰を曲げてんだ」

 これじゃ、先がまるつぶれと、買ったばかりの脊柱管狭窄症の解説本に目を通しました。狭窄症には痛さが起こる箇所と痛まない接点の箇所があり、ニュートラルポジションと呼ぶそうです。そこを見つけるのが肝心と知りました。

 さっそく、今日は少し痛いのを我慢して、そのポジションを会得すべく、上を向いて歩きました。中腰でおかしな格好だそうです。それでも、狭山丘陵が見えるのはいいです。

 先日集まった仲間の多くが、何らかの狭窄症状!!
 「脊柱管狭窄症対策連盟」でも作って対抗するかと笑い合いました。

DSC_00241640.jpg

 今年はどうしたことか、都立東大和南公園に花が少ないです。
 2016.02.12.のロウバイです。カメラが重くて持てないので古い画像ですみません。

  (2020.02.03.記)

  諏訪山遺跡(縄文時代)を書きました。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR