FC2ブログ

紫の花

紫の花

脊柱管腰部狭窄症から、まだ杖をついて歩いています。
大きな道路を渡れないので
「早くどうにかならないか」
と、ぼやいても、行くところが限られます。

仲間が入院しているので、毎月、絵はがきを送っています。そいつから
「紫の花が見たい」
と電話してきました。

11月も半ば過ぎ、紫の花とは?
と迷いました。そんな時、かっての職場の同僚が立ち寄ってくれました。
「どこか近くで紫の花が咲いてるところないかな」
「確かありましたよ。都立薬用植物園です」

DSC_72911.jpg

遠慮もなく頼みました。
「ちょっと、連れってってくれないかな」
「女房が買い物してるので、20分ぐらいしかありませんよ」
「いいとも、いいとも」
で、やってきました。

DSC_7255.jpg
農園は冬支度

DSC_7246.jpg

木々の紅葉はなんとなく色が薄くて、今年の陽気のせいかな?
と気になると同時に
「早くしなくては」
と自分でせかします。

DSC_7251.jpg

でも、柿が旨そうで、一安心。
「ほんのちょいの間ですが、温室も廻りましょう」
と優しい。

DSC_72611300.jpg
目をひくのはカカオ。

DSC_72581.jpg

まだ、この時期になってもあるんだ、と感心していると
「ヤマジノギクはこの先ですよ」
と案内してくれました。

DSC_7238.jpg

「野生の花を大分県農林水産研究指導センター花き研究所で
50年以上前から品種改良を重ねて開発したものです」
と案内板が解説します。

DSC_72371.jpg

「ああ、これで安心」
と気が緩んで、帰ってきてみたら、絵はがきになりません。
また、近日中に、誰かに連れて行ってもらおうと気を持ち直したところです。

(2019.11.20.記)

 中世の村・廻田谷ッを書きました。中世の村・廻田谷ッ
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR