FC2ブログ

俵かつぎ

俵かつぎ

 『踏ん張って歩く姿かな?』
 『どこまでも前進、前進でしょ!』
 『だってェ・・・」
 いろいろの声が湧き、思わず首を傾げます。

 種を明かせば、「俵かつぎ」のモニュメントなんです。
 東大和市上仲原公園にあります。
 前回、居残り様として、11月20日の「えびす講」を紹介しました。
 丁度、麦まきが終わり、畑仕事も一段落する時期でした。
 「えびす講」 は農家にとっては「ハレ」の日でした。
 その時とばかり、村を挙げての運動会を行いました。

第一小学校
 (第一小学校)

 村中の青年達が第一小学校の校庭に集まりました。
 最初は、大正八年でした。当時六つの村がそれぞれ独立をしながら「高木村外五か村組合」を構成していました。
 財政危機もあり、小学校の建設を機に合併して大和村となりました。そこで、青年団の合同の運動会が開かれたのです。
 青年達は夜になると校庭や、神社の境内で、ハダカ電球をつけて練習に励みました。
 陸上競技の全種目が行われました。
 百㍍、二百㍍、八百㍍などの競技には予想屋まで出て人気はスターのようでした。
 得点は一等三点、二等二点、三等一点と加算して、分団の優勝が決まります。エキサイトしてくるに従い、村の住人でなければいけない、学生は出場できないなど出場選手のチェックもきびしくなり、役場の戸籍係は調べるのに忙しかったようです。

 中でも花形は六十キロの土俵をかついで百㍍を走る俵かつぎ競争でした。村一番の力持ちを決めるので、熱が入りました。入賞すると賞状と賞品がもらえて、醤油樽(一斗入り)をもらった人もありました。
 校門の両側に、アメ屋、オメン屋、団子屋等の店が出て、一日中お祭り騒ぎでした。

志木街道
(優勝した狭山の青年団が行進した道・志木街道)
          
 とっぷりと暮れた街道を楽隊を先頭にし、威勢よく帰っていくと、村々で飛び出して迎えました。
 戦後も暫く続きました。(『東大和のよもやまばなし』p130~132)
   (2016.11.29.記)

狭山丘陵の古狸

 暑すぎる日が続きます。フウフウしながら傍らを見ると鈍く輝くモニュメントに出会いました。
 東大和市内の江戸街道の北側、水道第二緑地です。
 これはなんじゃと根っからの好奇心。
 狭山丘陵の古狸とあります。

DSC_42431.jpg


 『東大和のよもやまばなし』を繰ってみました。

 「山ふところに囲まれた蔵敷のある農家で、養鶏をやっていた頃のお話です。
 大変なことがおきました。
 毎晩必ず一羽ずつ大切な鶏がいなくなってしまいました。どんなに注意してみても、翌朝見廻ってみると羽一枚残さずに行方不明になってしまいます。

 囲いをきっちりとやり直したがそれからも七羽もいなくなってしまいました。
 この辺りは水が豊富で二メートルも掘ると良い水が出て、井戸になっていました。十月もなかばの朝、モーターのスイッチを入れても動かないので不思議に思い、井戸をのぞきにいってみました。何か黒いものが見え、何と大きな狸が虫の息になっているのです。

 首筋から背中にかけて毛並が白く大の字に見え、ころころ太った狸でした。
 用心深い狸も、鶏一羽が入った大きなお腹をかかえて、ついうっかり、井戸にはまったのではないかと……。それ以来鶏をぬすまれることもなくなったそうです。

 この古狸今では剥製となり、思い出話の種となって保存されています。
 昭和四十六年秋の出来事でした。

 狭山丘陵にも昔は狸がたくさんいたそうです。おじいさんから聞いた話では、夜中の十二時過ぎによばわり(夜廻り)すると狸が足もとにまつわりつくほどだったそうです。
 ホッ、ホッと十秒位の間をおいてなく狸の声も最近はついぞ聞かれなくなりました。」(p184~185 一部省略)

DSC_42451.jpg

 秋口に、このタヌキの故地を訪ねてみます。(2016.09.09.記)

血取り

 5月になると狭山丘陵はツツジの花で埋まったと伝えられます。東大和市はツツジを市の花としています。それが、現在は東の地域では余り見かけなくなりました。それだけに、芋窪の鹿島台の花は貴重です。

DSC_0504.jpg
鹿島台のツツジ(2005.05.05.撮影)

 このツツジを巡って、東大和市内に不思議な話が伝わります。「血とりとつつじの山」と題されています。こんな風に語り始めます。

 「山にはエラ(たくさん)、つつじがあったなあ。五月になると、そりゃきれえだった。原の方からも見に来たもんな」

 湖底の村で生れたおじいさんは目を細めます。貯水池が出来る前は、狭山丘陵一帯に山つつじが自生して毎年淡赤い花を咲かせました。その頃になると子供たちは、ついつい花に引かれて山へ入りたくなります。親たちは心配して、

 「血とりが出るだから、ひとりで山へ行くでねえよ」

 と、止めます。血とりは子供をつかまえて、血を取ってしまうのだというのです。

 「血とりは箱を下げてるだよ」

 ちょうど肩から箱を下げた見知らぬ人でも来ようものなら、子供たちはバラバラ、バラバラ先を争って逃げたものです。物売りか、植物採集の人だったかも知れません。

 「血とりがこの道をこう行った」
 「あの麦畑の所にいたとよ」

 噂が口から口へ伝わると、子供たちは背筋をぞくぞくさせました。山は子供たちの楽しい遊び場です。つつじを取りに近くの友達と連れだって出かけて行きました。つつじは枝ごと折って来て、花だけ集めて塩で揉んで食べました。うすら甘くておいしかったそうです。紫色の花は毒だと言われていました。女の子は赤い花をおさんかくしの茎に通したり、紐や糸に通して、たすきにしました。それは着ている紺の絣(かすり)によく似合いました。

 山つつじは、二メートルぐらいにも成長しました。貯水池が竣工した当時は、今のように桜が呼びものではなく、むしろ、つつじ見物を謳ったと言います。あんなに美しかったつつじがなぜ今のように少なくなったのでしょう。花盗人が荒してしまったのでしようか。ある人は、戦中戦後の燃料不足の時にそれこそなめるようにしたくず掃きや、粗朶づくりのせいで、苗が鎌で伐られたことも一因かも知れないと言いました。

 昔は山の木を薪にするためよく伐ったもので、大木にしなかった為に陽がよく射し込んでつつじが大きく育ったとも言います。今は木を伐ることもなくなったので、つつじが伸びないのだそうです。

 いろいろな原因があってのことでしょうが、燃えるようだったという美しいつつじの山が、また戻ってくればいいと思いますね。」(『東大和のよもやまばなし』 一部省略)

DSC_0495.jpg

 大正末から昭和初年の伝承です。鹿島台から村山貯水池の堤防の下を通って埼玉県側の慶性門付近に達すると、この地域でも見事な株が見られます。
 「血取り」の伝承は狭山丘陵全体にわたって伝えられているのでしょうか。東大和市では、箕作(みのつくり)の話と一緒に伝わっています。(2016.05.04.記)

鹿島様の欅

豊鹿島神社参道周辺800
(クリックで大)

 青梅街道から豊鹿島神社の表参道を進むと左側に大きな欅が目に入ります。

DSC_4046.jpg
(クリックで大)

 手前にモニュメント「ふくろう」があり、その向こうに太い枯れた空洞の幹があります。
 尾﨑荘助氏は『大和村史稿』を残されましたが、その中に「優に十人を容るるの洞穴をなし、周囲二丈余を有す」(大和町史研究4p36)と記されています。約6メートル余あったことになります。
 書かれた年月が明記されていませんが、人口や他の記述の内容から大正十年(1921)代と思われます。

鹿島様の大欅(2003)
(クリックで大)
2003年(平成15)の大欅

 この空洞の欅に次のようなお話が伝わります。

 「豊鹿島神社の欅は樹令千余年、神社の歴史と同じ位といわれています。
 現在は、中ががらんどうになってしまい、昔の面影は全くありません。明治時代までは、枝が大きく茂り、人家が少なかったので、夜はとてもこわくて、この近くは歩けませんでした。

 明治の中頃、この大木のうろ(空洞)に火のついたお札が投げこまれて、火事になってしまいました。近所の人達が、井戸より水をリレー式で運び、枝の上に乗り、車井戸を使って水をかけ火を消しました。
 大正時代に、大きな枝が折れましたが、まだまだ樫は大きく、子供達が十人位で手をつないでまわったり、地上から一メートル位上のこぶにのり、鬼どっこ(鬼ごっこ)などして遊ぶことができました。

 あけ方になると、「ブッ」「ブッ」と不気味な音が聞こえてきました。きっと欅も水がほしくて、地下水を飲んでいたのかもしれません。この不気味な音は大正の末ごろまで毎晩聞こえてきたそうです。

 暗くなると、オッポッポ(ふくろう)が、どこからかとんで来て、枝の上で目を光らせているので、若い娘達はこわくて、外に出る気にはなれませんでした。

DSC_40541.jpg
(クリックで大)
モニュメント「ふくろう」

 大きな枝が折れて倒れた時、きこりさんが二人がかりで、ギーコ、ギーコと鋸で切ったら、きれいな玉目や竹の子目が現われ、その木目を利用して、たばこ盆や仏壇の下の戸を作った家もありました。

 また、戦争で焼けてしまいましたが、新宿の鳴子天神の拝殿にも使用されたと言われています。
 その後、昭和の初めの台風で、また大きな枝が折れて倒れ、近くの建具屋さんの作業所がこわされてしまいました。戦後は、人も車も急に増加したので、欅はすっかりつかれてしまい、今の様に、中ががらがらになってしまいました。」
(『東大和のよもやまばなし』p147~148)

DSC_44311.jpg
(クリックで大)
2010年の大欅

 鹿島様は慶雲4年(707)の創建伝承を持つ、東大和市内で最も古い神社です。
 特に、現在の本殿は文正元年(1466)の創建棟札を持ち、郷土の誇りとなる東京都内最古の室町時代神社本殿です。そのため東京都の指定文化財になっています。
 欅の幹は年々空洞化が進んでいます。この大欅は本殿の建設された経過をしっかり目にしていたはずです。「永久保存 鹿島の大欅」となるように氏子の皆様が頑張って居られます。(2016.03.30.記)

 豊鹿島神社

ふくろう(モニュメント)

 芋窪・豊鹿島神社の本殿へ詣でる男坂(正面階段)の手前に大きな欅の木の幹が残されています。その根元に、本日の主人公「ふくろう」が翼を休めています。

ふくろう1
(クリックで大)
 
モニュメントの「ふくろう」です。

ふくろう2
(クリックで大)

 タイトル:ふくろう
 場所:豊鹿島神社参道
 設置日:平成4年1月28日
 材質:黒御影石
 サイズ:H1600×W600×D600センチメートル

 (作品紹介)
 「豊鹿島神社の「けやき」は、樹齢千余年、神社の歴史と同じくらいといわれています。現在は、中ががらんどうになってしまい昔の面影はありませんが、昭和の初めまでは枝が大きく茂っていて、その周りを子供たちが十人位で手をつないでまわって遊びました。
 当時は、人家も少なく、あたりが暗くなるとオッポッポ(ふくろう)がどこからか飛んできては、枝の上で眼を光らせていたので、通りすがりの若い娘たちを驚かせていたとのことです。」

ふくろう3
(クリックで大)

 豊鹿島神社は慶雲4年(707)に創建されたとする東大和市内で最も古い創建伝承を持ちます。
 現存する本殿は文正元年(1466)の棟札から、東京都内最古の室町時代神社本殿として東京都の指定文化財になっています。
 オッポッポと呼ばれたふくろうの住み処であった欅はその頃の様子を見ていたことになります。昭和29年(1954)に新たに植えた木が跡を継ぐように、大きく茂り始めました。
 『東大和のよもやまばなし』「鹿島さまの欅」を併せてご覧下さい。
(2016.03.17.記)

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR