FC2ブログ

赤蛙とくさ木の虫

赤蛙とくさ木の虫

 寛政4(1792)年、今から300年も前の話です。
 5月25日、砂川の陣屋から当時の村に通知が来ました。

赤蛙くさ木の虫、御鷹方へ御用

     赤蛙
     常山虫
     但し生きていること

 これは御薬物なので、御鷹場内すべての村役に仰せつける
 去年通り、それぞれの村が、人足をだして捕らえ
 27日、砂川の陣屋へ差し出すべし
       砂川陣屋 御鳥見役

 意訳しました。東大和市の内野家に残る文書です。
 当時、狭山丘陵一帯は尾張徳川家の鷹場に指定されていました。鷹狩り専用区域です。ひどいもので、その鷹と獲物のために、獣一切を捕る事が禁止されました。畑を荒らす猪を駆除するにも許可が必要でした。
 ここを管理する役所が砂川(立川市)にあって、この命令です。
 幕府が諸大名に異国船に対する海防警備を命じているさなかです。

 赤蛙はわかります。常山虫(じょうざんちゅう くさぎのむし)はコウモリガ、カミキリムシの幼虫だそうで、樹木に穴を開けて成長していました。これが薬になり、珍重されたようです。
 そこで、村々で人足を用意して、捕まえて差し出せとのお達しです。しかも通知が25日に来て、27日に差し出せとのことです。村人達はハアハア云いながら捕まえたと思います。

DSC_4166.jpg

 結果がどうなったのか知りたいです。誰のための御薬物なのでしょうか?
 『里正日誌』第三巻が発刊され、さっそく目を通しました。コロナ騒ぎの真っ最中、これは何事かとp109に目がとまりました。
 ところが命令はこの通りですが、顛末が残されていません。
 本当に残念です。
 
 苦労したんだろうなと、じっとしていられなくて、古いアルバムから狭山丘陵の画像を探しました。新緑から深緑に変わろうとしています。
 村人達は、溜め池で赤蛙を捕まえるためここを下ったんだ。その途中、常山虫を探して目を光らせて歩いたに違いないと思うと、たまりません。

 (2020.06.03.記)

 市指定文化財郷土資料 石橋供養塔(本村橋)を書きました。

コロナと公園

コロナと公園

 2020年4月7日、コロナ対策緊急事態宣言がなされました。感染者も増加の一途で複雑な問題になりそうです。
 ともかく、人と密接に接しない日課のウオークはOKと、4月8日昼近く、近くの都立東大和南公園を歩きました。

パノラマ 1800
 (都立東大和南公園の桜 左側・旧変電所跡 右側・体育館 クリックで大)

 桜も満開をやや過ぎました。でも、いつもなら、親子、犬仲間など数組のグループから賑やかな声が交差するのに、その姿はありません。

パノラマ4800
 (しだれ桜のある広場 クリックで大)

 しだれ桜の下には、最近は小型テントを持ち込んで家族姿が睦まじいのに、お子さん連れも見受けません。
 旧日立航空機株式会社変電所跡の前庭にも、上級生の縄跳びやボール遊び、ローラースケートの姿はありません。
 寂しくなって、グランドにまわりました。

パノラマ6800
 (南公園グラウンド クリックで大)

「いつもこんな具合なんですか」
「いや、もっともっと混み合って、いっぱいです」
 と振り向きます。

「自粛要請がきいているんでしょうね」
「この方々の意識、スゴイと思いません?」
「それにしても、この場の取り方には、カンプク(感服)、頭が下がる」
「絶妙な間合いですものね」
「誰かコントロールする人が居るわけじゃなさそうですし」

 玉川上水駅に向かうというスーツ姿のグループ、近くの企業に来て打ち合わせの帰りだそうです。

「ありがとうございます」
 いつの間にか、お礼の言葉が出て、大笑いになりました。

 云われるとおり、確かにうちの市民は凄いなと思いながらグラウンドの周囲の路をぐるっと一周しました。
 そして、もと来た道です。
DSC_84362640.jpg
 (クリックで大)

「そこで止まるのよ!」
「ブレーキかけなさい!!」

 ママたちが必死に声をかけます。
「わかってる」
「おばちゃんたち、いない方だよ」

 兄さんでしょう、指示が飛びます。
 まさに、閉じこもりからの解放の一時。

 通りがかりのご夫婦が
「いいですね、子供たち。こっっちも元気になりますね」
「エネルギーがいっぱいですもの」
 とニコニコ顔で声をかけて下さいました。

DSC_85701400.jpg
 (クリックで大)

 帰り道の公園北部の一隅
「さて、この次はシベの桜だな」
 と云い聞かせながら古木を見ると
「あんたの老体からも、なんか蘇生させなよ」
 との声が聞こえるようでした。

 コロナが早く終息することを願います。

  (2020.04.09.記)

 天王様(東大和市芋窪)を書きました。

多摩川のあたりに象が居た頃

多摩川のあたりに象が居た頃

 新型コロナウイルスの影響はトンダところに及びます。

「おじさん、昭島に象が居たってホント?」
「アケボノ・・・とか云うんだって」

「おじさんには、確かなことがわからないから博物館に行って聞いてよ」
「だって、今は、入れないんだよ、閉まっていて」
 「お母さんが、おじさんに聞いて来なってんだよ」

という学校が休の兄弟。なけなしのマスクをして、とりあえず昔のスクラップを探します。

DSC_81371640.jpg
(クリックで大)

幸い、2000年1月~2月の記事(左・読売、右・アサヒタウンズ)が見つかりました。

「ほら、170年前の足跡って書いてあるだろ」
 「エエッ・・・、多摩川に残ってんだ!?」
「そうなんだ、面白いよ、入間川でも見つかってるんだよ」
「だって、川でしょう」
「その地層ってことで、川の中という意味ではないよ」
「ジャー、その頃、象は東大和市にも居たの・・・?」
 「そこ、そこ!」

「それが困るんだよ、昭島にはクジラもいただろう。
 だから、昭島には陸と海とがあったってことだよね。
 それに、入間だって見つかったのは川原からだし・・・。
 東大和市はその中間にあるだろう。さて、どうだったんだろう」

「へー、クジラもいたんだ」
「だけど、おじさん、象はオボレちゃうよね」

 ということで、200万年~150万年前後の狭山丘陵はどうだったのか、さんざんに質問攻めにあいました。
 わからないことだらけで、コロナウイルスは、とばっちりをたんまりと振りかけます。

 そして、お子さん達と話しながら、もっと調べて「東大和市は海の中にあった」を書き直さなくてはと実感しました。
 この問題、詳しい方、是非お教え下さい。

DSC_80531400.jpg
(クリックで大)

「続きは、またにしよう・・・」
と、ともかく送り出しました。

「しっかりしてよ、私を見てみな」
とばかり、門脇のカイドウは芽を膨らませています。
コロナウイルス、早く収まって、郷土博物館を開いてくれと祈るばかりです。

(2020.03.17.記)

「東大和市は海の中にあった」

じじ・ばばのバレンタインデー

じじ・ばばのバレンタインデー

「今日のコース、私に合わせてよ」
「暖かいからセーター脱いでゆくか」
日課として義務づけている杖をついての買い物を兼ねた足慣らし、
左足の痛さをこらえて出かけます。

「トマトとお豆腐は私が持つから、野菜は上にしてよ」
洗剤、つゆのもと、野菜の順番にリュックに詰めての帰り道、いつも渡る信号機を通り過ぎます。 

「この道行くと、確かケーキ屋さんだよな」
「そうよ、何年ぶりかだけど・・・」
朝方、ご主人のケーキ作りに小学生が群がっているショウウインドーに近づきます。

「一日早いけど、じじ・ばばだからイイでしょ」
「ありがとうございます」
奥からご主人が顔を出して迎えてくれます。
「私はこれ」
「俺はこれ」
って選んで帰ってきました。

DSC_7517640.jpg
(クリックで大)

イヤー、久し振りでおいしかったです。
「本物っていいわね」
「さすがだ!」
通り過ぎたかってのバレンタインデーが思い出されます。

チョコレートは子供たちが送ってくれます。明日届くかもしれません。
「明日、来たら、血糖値上がっちゃうね。しばらくお預けだね・・・」
「大丈夫よ、任しといてよ。それより、倍返しってんの忘れてないわよね!!」
スッカリその手に乗ってしまいました。

(2020.02.13.記)

清水上砂台遺跡を書きました。

上を向いて歩こうと言い聞かせ

上を向いて歩こう
      と言い聞かせ
 

 脊柱管狭窄症は変わり身が早いです。最初右足が痛かったのにいつの間にか右足はしびれに変わり、今度は、左足が痛むという状況です。

 体力低下が最大の敵と聞いて、せめて歩こうと義務づけました。まだ、ほんの少ししか歩けないのですが、昨日、ふっと、何か違うと気がつきました。確かここでは家並の向こうに狭山丘陵が見えたはず、それが、今見ているのは家並みだけ。視覚に地面や木の根っこが多いのです。連れ合いに聞くと

 「この頃、ちょっとばかり下向いて歩いているわよ」
 「そうか、痛みに、知らないうちに腰を曲げてんだ」

 これじゃ、先がまるつぶれと、買ったばかりの脊柱管狭窄症の解説本に目を通しました。狭窄症には痛さが起こる箇所と痛まない接点の箇所があり、ニュートラルポジションと呼ぶそうです。そこを見つけるのが肝心と知りました。

 さっそく、今日は少し痛いのを我慢して、そのポジションを会得すべく、上を向いて歩きました。中腰でおかしな格好だそうです。それでも、狭山丘陵が見えるのはいいです。

 先日集まった仲間の多くが、何らかの狭窄症状!!
 「脊柱管狭窄症対策連盟」でも作って対抗するかと笑い合いました。

DSC_00241640.jpg

 今年はどうしたことか、都立東大和南公園に花が少ないです。
 2016.02.12.のロウバイです。カメラが重くて持てないので古い画像ですみません。

  (2020.02.03.記)

  諏訪山遺跡(縄文時代)を書きました。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR