FC2ブログ

学校の先生も大変

学校の先生も大変

 明治も末から大正初年の頃のことです。村は財政難で、ついに、先生の給料が払えず、やむなく、先生が家庭訪問して未納の村税を集めてまかなった、という話が伝わります。

 当時の東大和市は、芋窪村、蔵敷村、奈良橋村、高木村、狭山村、清水村に分かれていて、共通事務を処理するため「高木村他五ヵ村連合村」という広域の組織を作っていました。
 学校は小学校だけで、
 ・芋窪村に第一村山尋常小学校(豊鹿島神社境内)
 ・奈良橋村に第二村山尋常小学校(雲性寺境内)
 ・狭山村に第三村山尋常小学校(円乗院所有地・現狭山公民館)
の三つの小学校を作り、子ども達が通って居ました。

明治末・大正初期小学校位置図640
(クリックで大)

 その様子を内堀小十郎氏が『ふるさとの今昔』で次のように記しています。 

「明治末期、小学校の義務教育は、六年と記憶している。ほかに高等科があり二年制になっていた。いわゆる尋常高等小学校である。高等科は義務制でなく、希望者のみ進学していた。

 小学校は三校あって、その位置を地形的に見ると、狭山丘陵をはさんで、北側に谷戸(現在の村山貯水池)を有し、南側のふもとに面して、東西に長く点在した閑静な村落にあったのである。児童の通学に便宜をはかり、村の中央に一校、東西に一校ずつあった。就学児童は行政上の区画に従って、おおむね定められた学校に通学した。私は東側にある狭山の小学校である。

 自宅は現在湖底に沈んでいる、狭山村字内堀である。学校までの距離は、途中に川あり、田んぼあり、曲りくねった坂道を越えて行くのだから、三キロは充分あったと思う。

 夏の長雨のときなどは、自宅からハダシで、下駄と弁当箱を腰に結びつけ毎日よく通ったものだ。その弁当もお正月中は、家でついた餅をもっていくから、まずまず上等の部類だが、それ以外は、さつま芋が常食だ。全体の八〇パーセントをしめている。そのために、昼食時には児童の中から、交代で毎日、芋の皮集めをしたり、あと片付けをする当番がいた。

 また、冬期になっても暖房装置は勿論なく、教室の片隅に大きな角火ばちが備付けてあり、まきを燃やして暖をとったものだ。そのまきも生徒の供出で、各クラス毎に割当が定められているから、当った者はよく枯れたまきを五、六本ぐらいずつ背負ってくる。方々からくるので相当数集まる。こうして冬の期間中は過ごしていた。

 静かな田舎のさとにも、遠慮なく不景気風は吹きまくってくる。その余波を受けてか、先生の給料が時々遅滞していた。役場から給料がもらえない時は、家庭訪問をかねて児童の家から未納の村税を先生自からもらっていくのだ、と聞かされていた。それほどまでに当時の生活状態は深刻をきわめていたのである。」(内堀小十郎『ふるさとの今昔』p11)

 この状況はさらに続き、児童増に教室が不足し、大正7年(1918)には二部授業を重ねるに至ります。ついに、村々は二重行政の解消、教育施設の対応などを目指し、大正8年(1919)11月1日、6ヵ村を合併して「大和村」となり新しい出発をしました。

 大正12年(1923)、三つの尋常小学校を一つにして、村山尋常高等小学校を発足させます。現在の第一小学校です。
 この経緯を知ると、当時の先生、児童、村人の大変さをつくづくと感じ、じっとして居られなくなります。

  (2019.07.07.記)

 小学校の制限外授業料の徴収を書きました。

コメントの投稿

非公開コメント

尋常小学校

尋常小学校の話は聞いたことがありますが、小学校の運営も大変だったんですね。
その頃は皆余裕はなかったけれど、子供を育てようという気持ちだけは強かったのでしょう。
あれこれ知恵を絞ってのことで苦労の連続だったことは想像できます。

sage55様

 仰るとおり、当時の村人の子どもを育てることへの力の入れ用には、敬服します。

 「学校へ行ける子は、まだいい方で、半分も行けなかったんべ。それだって、教室が足んなくてな、うちの爺さんなんかは足しにしてくれと縄をなったし、婆さんは夜中に起きて蚕の糸紡ぎをしたって、云ってたな」

 との話を直接聞きました。大正の8~9年頃には、教室作りに村がどの位借金をするかどうかで、子ども達に負担を残してはいけないと、大もめに揉めたそうです。その過程を調べていますが頭が下がります。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR