FC2ブログ

令和も平和で

令和も平和で

 昭和の戦火をくぐり抜け、平成を無我夢中で過ごし、令和を迎えました。
 記念すべき日
 平成は平和で良かったな
 同じ和の付く昭和は
 と爆撃痕が残る変電所跡に気が向きます。

DSC_55401640.jpg
旧日立航空機(株)変電所跡・東大和市指定文化財 戦災建造物
(都立東大和南公園内)クリックで大

 午前中の晴れが曇りになり残念でしたが、和やかな空気が漂っていました。
 平成は自然災害や原爆被害に襲われました。
 でも、戦火は避けられました。
 この建物の前に立って、改めて平和の尊さを噛み締めます。

DSC_55601640.jpg
(昭和24年 爆撃機の直撃弾を受けた跡が残ります)
クリックで大

 新しい時代にも和がつきます。その和は平和の和であることを肝に銘じました。
 加齢にかまけて筆が遅くなりました。
 これからもよろしくお願い致します。

  (2019.05.01.記)

コメントの投稿

非公開コメント

戦災建造物

令和最初の日は平和の祈りと共に始まりました。
誰もがいつの世の時代も平和であってほしいなと思いますし
こういう時こそ、過去を振り返りそれを未来に生かさなくてはいけないのですね。
そういう意味でも旧日立航空機(株)変電所跡が東大和市指定文化財に指定されているのは意味深いですね。

sage55様

 小学校5年生の時、都内で焼夷弾で身体が焼けている方を目にしながら、逃げ回った経験から、何を置いても戦争は反対との意識が染みついています。

 旧日立航空機(株)変電所跡はそれをはっきりと語る戦災遺跡で、銃撃の恐ろしさを直接目にすることが出来て貴重です。

 東大和市観光ボランティアの会で、その場で、案内する待機型ガイドが話題となり、私も毎日のウオークの度に、出会った方々に爆撃の様子を案内しています。
 これからずっと続けたいと思っています。

戦災建造物

先日、ようやく目にすることができました。
身近で見ると実に大変な存在感ですね。
周囲でこどもたちや、幼児を連れた大人たちが楽しく遊んでおり、
そのギャップが印象的でした。
ここにこうして保存した東大和市の態度は、賞賛されるべきだと思います。時代を経るごとに貴重になっていく建造物だと心底思いました。

野火止用水様は、
実際の空襲を、
戦争を経験しておられるのですね。
経験の無い人間たちが、その陰惨さを忘れ、再び同じ過ちを
繰り返そうとする時代になりつつあります。
どうか、その貴重なお話を
是非、我々やその下の世代に伝え続けてやってください。

甚左衛門様

有り難うございます。
子供の時の衝撃が強く刻みつけられていることもあって
これだけ、爆撃の跡を現実に目にすることが出来る戦災建造物は
滅多にないと市の保存方針に大賛同しています。

毎日のウオークの順路にこのポイント置いて、興味のある方には
その場で、にわかガイドをしています。
遊んでいる子供さん達親子も一緒に聞いてくださって
「どうして、こんなバッチイの」
と云っていたのが
「コワイんだね」
と納得してくれます。

いざ保存となると経済的に厳しいものがあります。
これからも、機会がある度に紹介し
平和に役立ちたいと願っています。
どうぞよろしくお願い致します。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR