FC2ブログ

飢饉だ!わらもちで対応せよ!!

飢饉だ!わらもちで対応せよ!!

 御奉行所からのお達しです。天明3年(1783)10月3日、東大和市域の村々に届きました。
 先ず中身を聞いてください。

藁餅仕様

 生わらを半日も水につけて置き、あくを出し、よくよく砂を洗落し、
 穂はとり去り、根元の方より細にきざみ、
 それを、むして、ほして、煎って、臼でひいて、細末にする。

 その藁の粉一升へ、米粉二合程入れ、水にてこね合せ、
 餅のやうにして、蒸すか、又はゆでて塩か味噌をつければ食事に良い、
 また、きな粉を付てもよし、
 米粉の代りに葛蕨(くず わらび)の粉、又は小麦の粉を混ぜてもよし
 但し餅にして蒸したものを臼でつ(舂)けば更によろしい。

 注
 米穀が高値なので、食料の足しにするため、こしらえて食べるように
 勘定所より作り方と、試作する分の藁餅の粉を渡された。粉は至って宜しいので
 作り方の通り、村々で早速こしらえて、食料が足りない時の食事とするように
 この書類を早々村々へ順達せよ

                  飯塚 伊兵衛
    卯十月三日 役所『里正日誌』2p359~350

 なるべく原文に忠実になるように意訳しましたが、要するに米をとったあとの藁で腹を足せとの話しです。

 天明3年(1783)というと、
・2月19日、幕府、米価高騰のため粥食を奨励。
・春になっても寒く、春作は不作で、穀物の価格が騰貴した。
多摩地域では、2年連続で雨の多い冷夏となり、秋作が心配された。
・7月6~8日、浅間山が噴火(浅間焼け) 降灰は田畑の栽培作物を枯死させた。
・諸国、冷害のため未曾右の凶作、大飢饉により奥羽地力餓死者多数。一 揆・騒動続発する。
○その10月に出されたのがこの「藁餅仕法」の通知でした。その後も食料の厳しさは続き、
○12月、中藤村、三木村、岸村、箱根ヶ崎村、芋久保村、宅部村が伊奈半左衛門 代官所に夫食の拝借願いを出します。
○翌、天明4年(1784)2月には、ついに、箱根ヶ崎の狭山池に2~3万人の農民が集まって、武蔵村山市域、東大和市域の穀類、肥料、油などを扱い、質業も兼ねる有力者5軒の打ち壊しが行われます。

 今回、東大和教育委員会から『里正日誌』第二巻が発売されました。寛延から天明時代の出来事が記録されています。その中から、紹介しました。

 平成最後の日、
  「牛や馬と同じ藁とわね!」
 「でも、今、フスマ(小麦の表皮)が、食物繊維、ビタミン、ミネラルなんかで人気者」
 「戦後、食糧難の時、フスマまんじゅう食ったお陰で、後期高齢者まで生き延びたのかも?」
 「世界から飢餓をなくしたい・・・」
 「さて、さて、令和はどうなるか」
  などと話題が飛びます。

DSC_20911300.jpg

   (2019.04.30.記)

  慶性院の歴史を書きました

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR