FC2ブログ

25年の違い

25年の違い

  「イヤー、確か、上北台の駅の辺りのはず・・・。
   94.2.12の日付がある。
   25年前だ。雪が降ったんだ・・・」
 
  芋窪街道の標識。
  確実に、多摩都市モノレール上北台駅付近です。
  まだ、ぽつんと支柱が一本立っているだけです。

94.02.12.駅周辺640
 (多摩モノレール上北台駅付近 1994.02.12. クリックで大)

 こうなったら、もう止められません。
 「現在はどうなっている!」
 写真の整理のはずが、同じところの現在探しになりました。

上北台駅640
 (クリックで大)

 現在の同じ場所。モノレールの駅が完成し、駅広の整備が進んでいます。
 その面では大きく変わりました。
 でも、よく見れば、周辺は大きな変わりはないようです。
 むしろ、今後、モノレールが武蔵村山市の方に進み、全線が完成したらどうなるか?
 25年後は想像できません。

 ついでだからと、玉川上水駅の周辺を探しました。翌日2月13日の画像がありました。

94.02.13.玉川上水駅
 (西武拝島線玉川上水駅周辺 1994.02.13. クリックで大)

 まだ、西武拝島線と芋窪街道は平面交差で、モノレールの支柱もありません。

DSC_0413640.jpg
 (クリックで大)

 現在の同じ箇所です。「撮しておいてよかった」
 とつくづく思いました。

 東大和市版デジタルアーカイブを市民でつくろうと勉強と検討が始まりました。
 「難しく考えないで、何よりも記録に残しておくこと。
  川も雑木林も、ゴミも元気ゆうゆう体操も、ずっと続けよう。
  なにより、定点撮影だ」
 と言い聞かせました。

 ご協力をお願いします。

 (2019.03.06.記)

 谷ッに散在する集落(東大和の中世2を書きました。

コメントの投稿

非公開コメント

モノレール

この辺りは薬用植物園に行く時によく通っています。
こんな感じだったんですね・・・
昔はよく雪が降りましたね。
タイヤにチェーンを付けて駅まで送り迎えしていました。
雪かき用のシャベルもありますが、この冬は一度も出番がありませんでした。
街中の景色も変わりましたが、郊外の茶畑や山々もずいぶん変わってしまったなぁって思いました。
せめて大好きな狭山丘陵はこのままであってほしいなと思います。

sage55様

 まちの評価に、公団住宅があるかないかで、魅力が計られるなんて時期がありました。

 多摩丘陵の開発が進み、狭山丘陵へ目が向けられて、当時の大和町にも建設の調査が及びました。

 選択に様々な経過が積み重なりましたが、丘陵は残す、護る事になりました。
 あのとき一箇所にでも開発の手が及んだら、今の姿はなかったと、ホッとします。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR