FC2ブログ

つるし雛飾り

つるし雛飾り

「ワー・キレイ・・・」
「ホント・・・」
「それしか云いようがないわね・・・・」

DSC_11841800.jpg
(クリックで大)

2019年3月9日、東大和観光ガイドの会の仲間が中心になって催したつるし雛飾り展です。

DSC_11712640.jpg
(クリックで大)

「ワタシもオヒナサン」
「私も入れて・・・」
「ウーン・・・?」
DSC_11971300.jpg
(クリックで大)

丹精な一品一品んがつるされます。
「江戸時代、村人って貧しかったでしょ。だから、おひな様、飾れなかった」
「最初は、ほんの僅かの本数で、クルクル回したらしい」
「それでも、子どもたちは喜んで、手を振って、だんだん賑やかにしたんだって」
「この辺は、もっと貧しかったから、それすら出来なかったらしい」

とつるし雛の起源を話してくれました。

「これから、どんどん、やるんだね」
「出来るだけがんばります」

DSC_12151640.jpg
(クリックで大)

やる気十分で、見る人もつられて、皆、ニコニコ顔です。

DSC_11882400.jpg
(クリックで大)

干支の上には子ども達が安らかでした。

DSC_12192800.jpg
(クリックで大)

豪華な御殿もあります。ここ数年の積み重ねの成果です。

DSC_12502400.jpg

場所は、東大和市高木にある高木神社の社務所でした。
東久留米市や武蔵村山市・・・などから、メンバーが集まって催されました。
故郷の催し物として定着するといいですね!!
騒々しい世の中、包み込むようで、来年が楽しみです。

  (2019.02.18.記)

 モニュメント「啓示」を書きました。

コメントの投稿

非公開コメント

雛飾り展

こんなに沢山の雛飾りとつるし雛が飾られていたら
華やかでパッと明るくなったような感じがしますね。
各家庭で保存されていたのでしょうか?
古いものや新しいものが合い混ざって子供のころの思い出につながりますね。
お雛様出して~って言っていたのに
こちらに来て飾るところも無くなり、どうなったことか寂しい限りです。

sage55様

 会場に入った途端、「コレハ、コレハ」でした。
 華やかさと丹精が一緒になっていて一つ一つに惹かれます。

 ここ何年かに亘る皆さんの手作りの成果とのこと
 感激しました。
 仲間が手作りの講師の一人で、
 皆さんの努力が実っているとのことです。

 旅先の伊豆や山形でみた時の感動が呼び覚まされ、
 わが町にも定着すればと願います。

つるし雛飾り

これは綺麗!昔(?)はこんな風に飾ったのですね。今年は長男宅と次男宅に、一緒に選んでコンパクトなひな人形を贈りました。今はそんな風になりましたね。Junpei

unpei様

本当に綺麗です。
 素朴な飾りから、時を経てだんだん華麗さを増して来ているようです。
 それにしても、飾る方々の努力には脱帽です。
 マクロを持参しなかったので撮影できませんでしたが、
 一つ一つの細部を見ると、気の遠くなるほどのきめの細かさに驚かされます。 
 来年は、そこを撮りたいと願っています。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR