仏足石へのお願い

 仏足石へのお願い

 「イヤー、足が痛い」
 「それ、ご覧なさい、少しずつやればいいのに。ご飯食べたら、出て行きっぱなしなんだから」
 「でもさ、とことんお願いしてきたんだ」

 市内の神社と寺院を再撮影しています。
 最近、お寺で目ざとく目に入るのがお釈迦様の足です。
 東大和市狭山の円乗院、中庭にまつられています。

DSC_87291640[1]
「仏足石」クリックで大

 右後の説明の碑に次のように刻まれています。
 熱砂の台地を仏陀は歩かれた 八十年の御生涯をただひたすらにお歩きなされた
 その足元から仏教の花々が次々と開きその果実を今も頂くわたしたちです
 仏陀をささえつづけた御足跡に御足に手を合わせずにはおられません
                                 大僧正正存

DSC_87381400[2]
天燈鬼像 クリックで大

 そして、見事な「天燈鬼像」(てんとうきぞう)が仏足石周辺とともにこっちまでお守りして下さるかのようで、安堵します。
 毎日1万歩を確保していたのが、昨年11月、膝を怪我してから3000歩になりました。
 「どうか、5000歩まで伸ばせるようにお力添え下さい」
 と全く自分勝手なお願いをします。

DSC_9178640.jpg
三光院の仏足石 クリックで大

 清水の三光院です。門を入ると斜め前の木陰に迎えて下さいます。

DSC_91792640.jpg
クリックで大

 季節の花が優しいです。
 小枝の揺れが「ゆっくりでいいんだよ」と云ってくれているようです。

 「そんな自分勝手な事ばっかし、お願いして、いいのかしら・・・」
 「だって、早く5000歩にしたいもんな」
 「どうかご無礼をお許し下さいって、家の仏様に謝っておくわ」

DSC_9176640.jpg
クリックで大

 「近くのカルミアが、応援しますよ、て、云ってくれたよ」
 「ご平楽もここまで来るとノーベル賞もんね」

 少しずつ歩数を増やしたいです。
 膝の怪我は怖いです。半年近くになるのに、両足が揃わないでバタバタですから。

 三光院観音堂 狭山三十三観音十六番札所を書きました。

  (2018.04.29.記)

コメントの投稿

非公開コメント

お釈迦様

心が洗われるようなお話です。
本当にお祈りが通じて足が早くよくなるといいですね。
カルミアの花、うちの庭でも元気よく咲いています。
案外、硬い木で剪定するのに苦労しています。
大きくなるのも早いようです。

sage55様

 有り難うございます。「東大和の歴史」(東大和どっとネット) に取りかかった上に、身動きが遅いものですから、ついつい、こちらがご無沙汰になってしまいます。暫く、ご猶予下さるようにお願い致します。
 不器用なせいで歩くのが性に合っているようです。それが制限されると欲求不満の許になるようで、少しでも歩数が伸びるように、狭山丘陵の坂が克服できるように、と仏足石にお願いしています。

再撮影

市内の神社と寺院の再撮影とは。またまた、大変な大作業ですね。地域の歴史の記録作業に敬服します。Junpei

Junpei様

皆さんに見て戴くには、最新版が義務だろうと撮り始めました。やはり回数を重ねないと思うようには行きません。でも、新しい出会いがあって楽しみも増えます。暫く、専心したいと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR