もうサクランボが

 西武拝島線玉川上水駅北にある桜が丘緑地です。

DSC_8887.jpg
(クリックで大)

 「ママー、なんかイッパイ落ちてる」
 「ダメよ、お手々ばっちくなっちゃうんだから・・・」

 「おじいちゃん、カメラ・・・」
 「スミマセン、おじゃまして・・・」

 何でも面白い時代のあどけない女の子、シベの落ちた歩道を撮していると不思議そうに近づいてきます。
 
DSC_8901.jpg
(クリックで大)

 「桜の花知ってる?」
 「うん」
 「サクランボ知ってる?」
 「ママ、ナニ・・・」

 「○○はまだ知らないね」
 「こうやって花が散ると、そのあとに実がなるんだよ。上、見てご覧」
 「ワカンナイ」

DSC_8860.jpg
(クリックで大)

 「じゃ、これ見てご覧」
 カメラの画像を見せます。

 「ナンカくっついてる」
 「これが、サクランボですか。ワタシ、始めて」
 お母さんの方が興味津々。

 「一緒にくっついてるの、シベっていうんですよ。花の後に残って、サクランボになるんです」
 「こんなところで、サクランボになってるんですか!売ってるのとは随分違いますね?」
 「おじいちゃん、食べられるの・・・?」
 姉の方が身を乗り出します。
 「どうして、おじいちゃん、こんな写真うつすの?」
 「どうしてか、好きになっちゃたんだ・・・」
 「花から実への凄い変り目ですもんね」
 と、ママ、話は尽きません。

DSC_8854.jpg
(クリックで大)

 都立南公園、変電所跡の桜に回ってみました。

DSC_8852.jpg
(クリックで大)

 まさに蘂桜(しべざくら)、その中にサクランボが育ちつつあって
 とても幸せな瞬間を味わいました。
 それにしても、今年は桜の時期が早いですね。

 円乗院6 本堂を書きました

   (2018.04.12.記)

コメントの投稿

非公開コメント

サクランボ

会話がリアルで微笑ましいですね。Junpei

Junpei様

 今のお子さんは、物怖じしなくて人なつっこくって、ついつい話し込みます。
 このお子さん達には、多分、身の回りにおじいちゃん、おばあちゃんが居るのでしょう、話していて感じました。
 一方で、怖がるお子さんにも出会います。その方が多いように思いますが、人口減の中での今後が思いやられます。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR