FC2ブログ

けもの道(獣道)

DSC_84631400.jpg
(クリックで大)

 「人の歩く道ではありませんね。でも何かが通っています」
 「・・・・」
 「ケモノミチなんです」
 「エー・・・?」
 一斉に驚きの声が上がりました。
 観光ガイド養成講座(東大和市主催)、都立東大和公園の実地観察のひとときです。

DSC_8472640.jpg
(クリックで大)

 東大和市内の狭山丘陵、その小さな谷ッの一つです。
 かっては典型的な里山で「谷ッ入」(やついり)と呼ばれてきました。
 「スミマセンが、皆さんはそこでお待ち下さい」
 と言って、講師はケモノミチをよけて登り、大事そうに何かを持ってこられました。

 「中に毛が混じっています。何か小さな動物を食べたのでしょう」
 「先生、動物の糞ですね」
 「大当たり、タヌキです」
 「エー・・・!」
 みんな興奮気味です。講師は
 「いい物を二つご案内します」
 と歩き始めます。
 興味津々で後をついて林を辿りました。

DSC_8482640.jpg
(クリックで大)

DSC_8491640.jpg
(クリックで大)

 「これがタヌキの巣穴です」
 こんなところに実際に居るんだ。
 人家から数百メートル、狭山丘陵はまだまだ自然を保っていました。
 何種類かの鳥の声を聞きながら、大事にしたいと心持ちを新たにしました。

DSC_8501640.jpg
(クリックで大)

 痛めた膝が完全には回復していないので、本当に残念でしたが、勾配が緩やかなところで失礼しました。
 そのため、もう一つの方は見聞できませんでした。
 生き物たちにずっと居着いて欲しいです。ケモノミチと巣の位置は前後の画像の付近ですが一致しません。
   (2018.03.24.記)

 霊性庵の石造物を書いています。

コメントの投稿

非公開コメント

けものみち

けもの道はこちらでも時々見つけます。
タヌキの穴は気が付きませんが、ネズミの巣は所々で見かけます。
自然の中で見られるものはみな素晴らしいですね。
昨日のブログにアップしましたが、キジ(雉)を久しぶりに見かけました。
最近減っていると聞いていたのでホッとしました。

sage55様

 水場と繋がるケモノミチと思いますが、皆で見ることが出来て良かったです。子供の頃はよくタヌキが捕まって、農家のおじさんが囲っておいたら、一晩のうちに穴を掘って逃げられて、がっかりしたことを思い出しました。それが、何世代も経て現在も生息していることにホッとしました。

 もともとケモノミチを歩んだヒトです。傲慢にならないように釘をさされた思いです。 雉、拝見しました。さすがにきれいですね。やっぱり、自然は文句なしにいいですね!

けもの道

脚の方のハンデがこんなところで出てくるなんて、残念ですね。早く回復されますように。Junpei

Junpei様

 有り難うございます。
 無理は厳禁と戒めて残念でしたが途中で戻りました。
 その後の皆さんの話を聞くと、普段行けないところを見ることが出来て大満足のようでした。そして、アップダウンとぬかるみで、早帰りしたことが良かったと慰めて下さいました。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR