FC2ブログ

米軍大和基地の碑

 西武拝島線玉川上水駅を北口に降りると正面に駅広があります。
 数人が集まっていて、そのうちの一人が
 「あ、丁度いい、奴に聞けば、知ってるべー。
  よー、タバコ吸ってたら、急に聞かれてよ、困ってんだ。ちっと訳を話してくんねえか」
 と引き込まれたのが「米軍大和基地の碑」の謂われです。
 
 かって、この地が有刺鉄柵で囲まれ、門は軽易ではありましたが武装したアメリカ兵に守られていたことを知る人は少なくなりました。
 米国空軍の基地で、宿舎が建てられ、後にハイスクールにもなっていました。

 それ以前は、軍需工場があり、陸軍の飛行機のエンジンを作っていました。
 そのため、昭和20年(1945)、米軍の爆撃を受けて、一面が焼け野原となりました。
 その跡に米軍の基地がつくられたのでした。

玉川上水駅北口駅広
(クリックで大)

 質問は、基地のあった時、この辺はどんな雰囲気だった、
 どのような経過で基地になったのかと云うことでした。
 
大和基地碑所在地
(クリックで大)

 駅を降りて正面から左側に向かうと、島の広場に、喫煙所、ベンチ、水辺が設けられて、中央に米軍基地の碑があります。
 碑には「Yamato Air Station」と彫られています。

大和基地碑
(クリックで大)

 碑の傍らの説明版は次のように記しています。
 「かってこの地域は雑木林でありましたが、地域の発展を願って、昭和の初め工場が建設されました。
 この工場は太平洋戦争のとき爆撃にあい、すべてが灰燼に(かいじん)帰しました。
 その後、朝鮮戦争のとき、米軍大和空軍基地が開設されました。
 この石碑はそのとき基地正門に建設されたものであります。(一部省略)
 
  平成二年一月吉日
           東大和市長 尾崎清太郎」
大和基地位置図
(クリックで大)

 この説明をもとに、丁度iPadを持っていたので、年表を引き出し、次のことをお話ししました。
・昭和20年(1945)、爆撃を受けた日立航空機(株)の工場跡地は西武鉄道(株)の所有地となっていた。
・工場に併設された青年学校の校舎(現在のヤオコーの場所)を当時の大和町は唯一の中学校校舎として使用していた。
・そこへ、昭和27年(1952)、突然、国から米軍兵舎建設の通知が届いた。
・町を挙げての反対運動が広げられた。
・しかし、昭和28年(1953)、用地は強制収容された。
・昭和29年(1954)、工事が完成した。
・昭和31年(1956)2月24日、基地として開設された。
・同じ年、中学校は現・第一中学校の地に移転した。
・その後も返還運動は続けられた。
・昭和44年(1969)、立川基地の飛行が停止された。
 いくつかの経過を経て、その時点では、大和基地は立川飛行場に含まれる施設であった。
・3年後に返還の実現性が出てきた。
・返還運動が高まる中、昭和48年(1973)、在日米軍基地の整理統合を機に返還された。

 ウオーキングの道筋で出会ったことですが、話している間に、爆撃の跡からのすさまじい変化に今後を重ね、考え込まされました。自分のブログに書き止めておくことも必要と、紹介する次第です。堅苦しい話で、恐縮です。
  (2015.07.23.記)
 

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR