FC2ブログ

狐 塚

 
 東大和市に、狐塚(きつねづか)がありました。調べてみると、なんと、多摩都市モノレール・桜街道駅のところです。ここで、今では信じられない騒動が起こりました。明治維新寸前の慶応 4年(1868)4月16日のことです。少し長くなりますが、お付き合い下さい。
 
桜街道駅
狐塚があったところ
多摩都市モノレール桜街道駅・芋窪街道と桜街道の交差部
             
 当日は晴れ、午前10時頃です。芋久保村の弥五兵衛と儀兵衛が田無村へと出かけました。青梅橋を渡って小川村へ入ります。人家はなく、野中の往来でした。そこで、二人の男に出会いました。ひとりは大小・袴を着用、もうひとりは脇差を帯びています。呼び止められて、いきなり

 「金子を差出せ」
 ことによったら、斬り殺されるかも知れない気配です。仕方なく、所持金10両余を差し出しました。
 しかし、大金です。このままでは済まされません。芋窪村の二人は様子を見ながら、青梅橋の茶店まで戻ります。

 店の中を見ると、さっきの二人が休んでいます。弥五兵衛は、これこれしかじかと、いきさつを茶屋の主へ話し、すぐさま、芋窪村へとって返して、身内や村役に知らせました。

 芋窪村の村人達は、直ちに、早鐘・竹洞を吹き立てました。それを聞いた隣村、最寄の村々から多くの村人達が青梅橋の茶店へと押出しました。
 店の主に聞くと、
 「往還 西ノ方へで向いた」
 とのことです。

 大勢のもの共はよしとばかり、追いかけます。三ッ木村の残堀裏で追いつきました。
 両人へ掛け合ったところ、申し訳ないとのことで、奪い取られた金子を取りもどしました。そして、大小・脇差を共に取上げて、芋窪村と蔵敷村の地境である、狐塚へ引き据えたのです。

 「打首にする、覚悟をせい」
 と申し聞かせると   
 「是悲なき次第につき、あい任せる。ついては、酒を頂戴したい」
 と申します。そこで、青梅橋から酒1升を取寄せ、差し出しました。両人で、呑み終ると、袴着用の方が謡をうたい、
 「最早、覚語よろしい」
 と云いましたので、彼が差していた刀で、砂川村の材右衛門が首を打落し、脇差を帯びた壱人は芋久保村の銀蔵が首を切りました。そして、上着を剥ぎ取り、その場へ埋めました。

 周囲を砂川・小川・中藤・芋窪・蔵敷の5ヶ村、人数、およそ5~6百人もが相い集り、取り巻いて居りました。
 [目覚敷い事]です。
狐塚のコピー 
(クリックで大)
 芋窪村の名主が代官の江川太郎左衛門に報告した文書を意訳しました。原文の趣旨を逸しないようにしたため、読みにくいところはお許し下さい。何気なく利用していた駅の前に立って、この出来事を思うと、居たたまれなくなります。慶応4年という特殊な時代の特殊な光景なのでしょうが、時代の重さを感じます。最後の「めざましいことです」 の言葉も気に懸かります。

 この文書、次のような結びになっています。
 
 「右の始末に候えども、御支配、御役所へは引違ひ、芋久保役人より訴出る
  右は五ヶ村役人立会 決評の上 取り計い候也」
  一部始終を書き上げて、砂川・小川・中藤・芋窪・蔵敷村の村役人が揃って合意した上で、提出したようです。その背景に何かが眠っているようです。
 次回に続けます。(出所 明治元年里正日誌 三冊上)

コメントの投稿

非公開コメント

明治維新寸前の騒動

狐塚への経緯はこれから。背景に何かが眠っているよう...、続きが楽しみです。Junpei

No title

遠い昔でもない江戸時代の末期、いつも通る道の辺りでこういう事件があり、きちんと文章に残っているのが興味深いです。
私も楽しみです。

Junpei様

 維新前後の地方の出来事は様々で、古文書を見る度にドキドキです。現在とは格段の情報格差社会で村の指導者達は日々、決断を迫られるわけですから、大変だったでしょうね。

 その2が遅くなってしまい申し訳ありません。 野火止用水

sage55様

 東大和市民でも、あの地点が「狐塚」と呼ばれるところだったと知っている方は少ないです。
 西にこの道をたどると青梅に達し、柳沢峠を越えて甲州に出ます。幕末から維新にかけて、甲州街道を避けて、様々な運命を背負った人々が通りました。その中の一コマです。妻が入院ということで、ブログに手が回らずその2が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。 野火止用水
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR