FC2ブログ

おみたらし

おみたらし

 蔵敷の御嶽神社境内です。
 社殿の右側、自然石の石神の近くに湧き水の小池があります。

御嶽神社境内640
 蔵敷・御嶽神社境内 右奥に「おみたらし」がある。クリックで大

  地元では「おみたらし」と呼びます。その前です。
  「みたらしと聞くと、下鴨神社の御手洗祭とみたらし団子が浮かびます。何か関係があるのですか?」
  「府中市の浅間山におみたらしって湧き水がありますよ」
  「確か、神奈川にもあった」
  どんどんと話は広がります。

DSC_4410640.jpg
 左 蔵敷・御嶽神社のおみたらし 右 自然石の石神様

 御嶽神社の「おみたらし」は次のような話を伝えをします。『東大和のよもやまばなし』から紹介します。

 「蔵敷の高札場(こうさつば)の裏山・熊野神社の少し東側に御嶽神社があります。
 細い道を入り、鳥居をくぐると山の途中に赤い屋根にスチールの扉がついたお社があります。扉をあけると中に小さな木の祠(ほこら)があり「御嶽神社」と書いたお札(ふだ)がはってあります。

 お社のすぐ右側に百三十センチメートル四方位の池があります。この池は、「御嶽神杜のみたらし池」と言われ、どんな時にもかれることのないきれいな湧き水でした。

「御嶽神社のおみたらしで眼をあらえば、眼の病いがなおる」と
 いう言い伝えがありました。

 今でもこのみたらし池の湧き水は見ることができますが、眼病にきく霊水(れいすい)としての信仰があったことを知る人は少いようです。」(『東大和のよもやまばなし』 p36)16

 東大和市域に眼科の医院がいつ頃開かれたのか調査中ですが、昭和20年代はじめにはありませんでした。眼病にきく霊水はともかく、目の病の治癒祈願に、訪れる方も多かったと伝えられます。それだけ切実だったことが偲ばれます。
 また、昭和の半ばまで続いた雨乞いの際は、普通は青梅の御嶽神社、所沢の水天宮、井の頭の弁天様に祈願の霊水をもらいに行きましたが、蔵敷では「おみたらし」の水を汲んで、熊野神社で行事をしたと伝えられます。

 御嶽神社への路は分かりにくく、市立郷土博物館の前の路か、青梅街道の蔵敷バス停、高札場からの路が参道に接しています。
御嶽神社への道640
 御嶽神社への路 クリックで大

 御嶽神社はこちらをご覧下さい

 (2018.10.21.記)

東大和のよもやま話 雨乞い
御嶽神社

ばばあのふところ

ばばあのふところ

 東大和市の微笑ましい地名の一つに蔵敷の「姥の懐」(うばのふところ)があります。青梅街道の蔵敷バス停から市立狭山緑地への道すがらのところです。厳島神社、「東京サンショウウオの生育地」を経て狭山緑地に入ります。画像、左前に見えるのが、かって、丘陵から湧き出る自然湧水が作っていた弁天池です。貯水槽となり、よもやま話「貯水槽になった弁天池」を伝えます。

DSC_1982640.jpg
 (青梅街道から厳島神社の参道が続きます。クリックで大)

『東大和のよもやまばなし』から紹介します。

 「蔵敷には、昔から「ばばあのふところ」といわれる場所があります。
 蔵敷バス停から、少し西によったところを、山側に入ると弁天社があります。その右手の山あいのくぼ地に、奥深く広がる場所で、自然に風を防ぎ日当りもよく、ちょうど乳母のふところのような地形です。狭山の栞に「姥がふところ」とあるのがここの事と思われます。

蔵敷地域狭山丘陵640
 (ばばあのふところの周辺図 クリックで大)

 ここに長年住んでおられる島田茂吉さんは、よく他所の人に「あんたのところは暖かいよ、ばばあのふところだからな」と言われるそうです。また、奥さんも「あそこは、ぬくいので昔から心も体も安心して休める場所なんですよ」といっておられます。
 島田さんが子供のころは、赤松の古木が大きく茂り、萩、じじばば(春蘭)、みつばつつじ、狼つつじ、きれんげ、鉄砲百合などがきれいに咲いておりました。
 ここで、男の子達は戦争ごっこなどをして遊び、女の子は、弟や妹のお守りをしながら、つみ草や、きのこがりなどをしていました。夕方になると、弟妹の手を引きながら、ざるに一杯になったきのこを持って、家に帰って行きました。

DSC_5189640.jpg
 (狭山丘陵の中からの「ばばあのふところ」丘陵を歩いていてホッとします。クリックで大)

 山の方から、突然野うさぎが走ってきたり、大木の上では、気の強いリスとカラスがけんかをしていた事もありました。
 ここの主でしょうか? 以前から、直径約十センチメートル、長さ二㍍の山かがし(赤蛇)がすんでいます。春になると時々顔を見せますが、人間に危害を加える事はありません。湧水で出来た池の辺りがすみかのようです。
 このばばあのふところも戦争中に防空壕を掘ったため穴がたくさんてきてしまいました。
(東大和のよもやまばなしp218~219)101

姥の懐400
 (明治6年(1873)蔵敷村地図に記入された地名「姥の懐」クリックで大)

 明治6年(1873)、蔵敷村は神奈川県に村の略図を提出しています。そこには谷田、林前、鼠沢などの小字名に、「日蔭山」と対するように「姥の懐」の名が記されています。日だまりの暖かみのある場であることが伝わってきます。狭山緑地から見える箇所も家々が建ち並んできましたが、まだ、雰囲気が残されています。

 近くに「貯水槽になった弁天池」が伝わります。

 (2018.10.14.記)



西楽寺の不動明王

西楽寺(さいらくじ)の不動明王

 東大和市に直接伝わり、日常的に誰もが聞いている話ではないのに、猛烈に興味を引くお不動様の話題があります。

 平安時代です。承平5年(935)、平将門(たいらのまさかど)事件が起こります。
 最初は下総の国での一族間の争いでした。やがて、常陸へと勢力を広げ、地元の豪族、当時の武蔵国の猛者連達を巻き込んで、ついには武蔵国の紛争に関与します。
 天慶3年(939)、将門は上野国府を占領、武蔵・相模を巡検して国印を奪い、新皇を称します。
 これに対して、朝廷は平貞盛(たいらのさだもり)と藤原秀郷(ふじわらのひでさと)に将門の追討を命じます。
 この時です。藤原秀郷は陣中に不動明王をまつり、戦勝を熱く祈願したそうです。やがて940年、将門は討たれ、乱は終結します。
 その不動明王が、幾多の変遷を経て東大和市の西楽寺(さいらくじ)にまつられていたと云うのです。
 
 このことは『新編武蔵風土記稿』(豊島郡)と『江戸名所図会』に紹介されています。不動明王について現代文に置き換えて紹介します。

 木佛立像 長三尺三寸
 智証大師が三井寺を開基した時、自らこの不動を彫刻して本尊とした
 天慶二年(939)、平貞盛、藤原秀郷等、平将門追討の時、秀郷がこの不動に祈誓をこめ陣中で守り、勝利を得たので
 凱陣の時、下野国小山の郷に安置した。

 其後、遥星霜を経て、永禄年中(1558~1570)、武田信玄が甲州七覚山辺に移し崇敬したのを
 北条氏政が奪取(うばいとりて)て相州筑井□□院に納めた。
 天正一八年(1590)、北条氏没落の後、東照宮(徳川家康)が、代々の武将が崇敬した像であることを聞いて
 多磨郡の宅部村三光院に移し給わった
 延享四年(1747)九月、霊夢の告があって、荘厳寺に安置すると云う」

 という内容です。また地元の地誌『狭山之栞』は

 「宝珠山西樂庵地藏堂は往時宅部山三光院の末寺にして西樂寺地蔵院と号し、本尊延命地藏尊は長五尺、脇士不動尊は長四尺なりしが、故ありて幡ヶ谷村荘嚴寺へ移し、廃寺となりし跡に、一宇を建て、西樂庵地藏堂と呼ぶ。杉本家の持にて代々の墓あり。・・・。」
 と伝えます。

 西楽寺は三光院の末で、村山貯水池に沈んだ地域にありました。その三光院は西楽寺について、
 「宝暦十一年(1761)ごろ、武蔵野新田開発のため、荘厳寺(現・渋谷区)に菩提寺として引寺された」と記録しています。
 現在の渋谷区にある「幡ヶ谷不動さん」で親しまれる荘厳寺です。
 
西楽寺関係図1640
 西楽寺の旧地 クリックで大

 こんなスゴいお不動様が東大和市に居らしたんですね。
 勿論、いつ、誰が、どのようにして、西楽寺におまつりしたのか
 新田開発で幡ヶ谷とはどんな関係があったのか・・・
 などなど、解明しなければならない問題が山積しています。
 そんな中で、ドキドキしながら「将門の乱と西楽寺の不動明王像」を書きました。

    (2018.10.10.記)

トロロアオイに迎えられて

トロロアオイに迎えられて

 「お帰りなさい」
 「無事、戻ってきました。いよいよ咲き始めましたね」
 「今年はなんとなく格好がつかなくて・・・」
 「でも、こっちを向いて、ナンカ挨拶してくれてるみたいで・・・」
 「そうなんですよ、どういうわけか○○さんの方に顔を向けるんですよね」

DSC_01291.jpg

 お隣の庭に、例年咲くトロロアオイ。

 「具合はいかがですか?」
 「ご心配かけましたが、一つ重しが取れたようで・・・」
 カテーテルによる施術をして、病院から帰ってきての垣根越しです。

 「ちっとも変わらないので、安心しました」
 「有り難うございます」
 「イッパイやりたいことがあるもんね。ネットで「まち中博物館」だったっけ」
 ご主人が居間から降りてこられます。
 「そうなんですよ。これから手を付けるんですから」
 「まずまず、安心。少し休んで、気長にやるっきゃないね」

DSC_01351.jpg

 皆さんに元気づけられて、このページも書き込んで行けそうです。
 どうぞ、よろしくお願い致します。

     (2018.10.01.記)
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR