FC2ブログ

後期高齢者だって「ハクリュー」は可愛い

 2018年2月24日(土)午後3時 ウオークの道筋、都立東大和南公園を通りかかりました。

名称未設定_パノラマ8jpg

 いつものように子供達が遊んでいる傍らで、なんとなく雰囲気が違う人々。

DSC_7575400.jpg

 一様にうつむいてスマホをいじっています。

DSC_75872.jpg

 誘われるように変電所裏側に回ってみるとさらに大勢。

 「何をなさってるんですか」
 「Pokemon GOですよ」
 「今日は「ミニリュー」が大量発生して「カイリュー」に進化するんですよ」
 「・・・・・」

 これには参りました。何やらさっぱりわかりません。
 「それって、変電所から出てくるんですか? スゴく興味がある。ちょっと見せて頂けますか」

DSC_76281.jpg

 「変電所じゃないですね。奥の方は貯水池ですか?」
 「そうじゃないです。世界共通です」
 「ハー?ここから「ミニリュウ」が出るんですか!」
 呆れた顔をしながら、皆さん親切です。

 「こうして出てきて次々と変わるんですよ」

DSC_76311.jpg

DSC_76371.jpg

DSC_76381.jpg

 「これは可愛いですね」
 「そうでしょ、ハクリューです」

 「そして今日の収穫、カイリューです」
 「色違いが捕まるまで、頑張るんです・・・」

DSC_76331200.jpg


 「イヤー、驚きました。ゴメンなさいね。貴重な時間をつぶさせてしまって」
 「いいんですよ、お陰様で、今日は6時まで延長になりましたから」
 「でも、何で、皆さんここに集まるんですか?」
 「今日は、この公園が一番出会える可能性があるんですよ」

Pokemon GO6

 もっともっと聞きたかってですが、迷惑になりそうなので止めました。いい経験をさせて頂きました。
 変電所や、村山貯水池から出てきたら、世界中の人が来るんだろうな、と夢を見ながら帰路につきました。

     (2018.02.24.記)

東大和の大まかな歴史の流れ 近世 荒れる村を書きました。

楽しみな「竹の民具」の展示

 東大和市立郷土博物館で資料展「竹の民具」が開かれることになりました。
 市に伝わるよもやま話を子供達や若いママさんに紹介するとき
 「ぼろっカゴ」や「竹のおひつ」のところへ来るとストップです。

 「それなーに?」
 「これを背負って、所沢で開かれる市(いち)へ買い物に行ったんだよ」
 「時には、江戸街道で馬のフンを集めることもあったんだ・・・」
 「・・・・・」
 で話が横にそれてしまいます。
 今度は、それらがみんな展示されると思うとウキウキします。

資料展竹の民具500

資料展竹の民具裏面500
(クリックで大きくなります)

 竹に絞っての民具、具体的にどんなものが展示されるのか待ち遠しいです。
 どうやって使われていたのか、どのようにして作ったのか、それも確かめたいです。

 村山貯水池の湖底に沈んだ「石神の話」を書きました

 (2018.02.22.記)

久しぶりの外出

 「少し歩いて、階段の上がり下りのテストをしない。買い物もあるし・・・」
 「そうだ、試しにやってみるか」
 と相談がまとまって、モノレールに乗って立川まで出ました。

IMG_33411.jpg

 昨年の11月に膝を怪我して3ヶ月、モノは試しと、どうにか駅まで歩き、階段も上り下り出来ました。
 見慣れた街並みなのに、新鮮な気がして嬉しくなります。

 「今日は空いてそうだから寄ってみない」

IMG_33341.jpg

 「お昼前だから、お茶がいいわ」
 「おい、おい」
 と言ってる間にどんどん決め込んで
 「いらっしゃいませ!!」
 の言葉と同時に先に入られてしまいます。

 「今だったらこれしかない」
 出てきたのはアップルパイでした。

IMG_33271.jpg

 暖かくて味が濃くて美味しかったです。
どうやら、無事、自分の足で外出できました。
 「どうにか、元に戻れるかな」
と多少の自信が付きました。

DSC_7561合成1のコピー
(クリックで大)

 帰途、都立東大和南公園ではロウバイが見頃でした。
 やはり、試してみて良かったです。
 先ずは、ご報告です。

 東大和市にかかわる中世の大まかな年表をつくってみました。

 (2018.02.10.記)

懐かしい滝山城の画像

 「いい加減にしなさいよ、トシ考えてよ、それに、ご飯だから」
 「もう少しだよ、ようよう近くまでたどり着いたとこだから・・・」
 しばらくして
 「ともかく降りてきてよ。折角用意したのに、みんな冷めちゃうじゃない!!」

 東大和市の大まかな歴史の流れを書いています。中世、ほとんど東大和市域に関しての記録がありません。やむなく年表を見ながら周辺の出来事を並べます。
 「武田信玄が拝島大師へ布陣、滝山城攻撃」
 すごいこともあったもんだ、とドキドキしながら、さて、関係する画像はどこに?
 とやっかいな問題に突き当たります。
 拝島大師からはないけど、確か、多摩川を隔てて滝山城を撮ったものがあるはず。
 マダラぼけの記憶力には限界があって、やむなく古いハードデスクから探し始めたところです。

 まだ痛めた右足が軸にならずに、パタンコ、パタンコ階段を降りて、夕食をかき込みながら
 「中世の山城、山城って騒いでいたのはいつ頃だっけ」
 「素敵な八王子城だからって云うから、うっかりついて行って、急な坂で、フウフウした時ね」
 「うん、その頃、その頃」
 「この台所直したときだから、丁度、10年前よ」

 というヒントで見つかったのがこの画像です。

takatukizyou3.jpg

 多摩川を前にしての高月城(正面)、滝山城(左方面)
 永禄12年(1569)10月2日~3日 信玄は画像左端の拝島大師を陣営にして攻撃しました。
 あきる野市法林寺の裏から撮影
 クリックで大

中の丸と二の丸の堀1

 滝山城中の丸と二の丸の堀
 氏照は二の丸まで攻め込まれ、ようよう防戦しました。八王子城築城を決める要因になったとします。
 クリックで大

 信玄が小田原城を攻める途中で、北条氏照の滝山城を攻撃したのでした。
 気になるのは、信玄はどうやって拝島大師のところへ来たのか、そのルートです。
 あれこれ、本棚から関係しそうなものを引っ張り出しては
 「どうせ、行くところまで行かなきゃ気が済まないんだから」
 と冷やかされています。

 東大和市の大まかな歴史の流れ 中世 を書きました。

  (2018.02.01.記)
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR