FC2ブログ

多摩の地侍・土豪層と近世村落

 わがまちに最初に定着した有力者・土豪層・地侍は誰か?
 これがわかると、中世の謎解きが一挙に進むはずです。
 だから、鵜の目鷹の目で、その誰かを追っています。

 2016年6月26日(日)、そのテーマを扱う研究会が開かれました。
 多摩地域史研究会第25回大会 「多摩の地侍・土豪層と近世村落」
 パルテノン多摩4階第一会議室、午前10時から17時

多摩の地侍・土豪層1

 何をおいてもと、行ってきました。
 発表は次のテーマで各氏が話されました。

多摩の地侍・土豪層と近世村落3

 発表者の丁寧な語り口に、それぞれの地域の実態が浮かんで、興奮しました。感謝と拍手です。
 そして、嬉しいのが下の表です。
 当日発売された、発表要旨と資料集の一部です。

多摩の旧家一覧表

 『新編武蔵風土記稿』に記載された多摩の旧家の一覧表です。
 その出自を初めとして事績が集約されています。
 さらに、次の類型に分類が試みられています。

多摩の旧家一覧表 凡例

 旧家の地域定着へのおおまかな動向がわかります。
 個別の市では理解付かないことが隣接、その隣接、一定地域へと広げて行くとほのかな傾向が浮かんで来ます。
 手放せない資料集となりました。制作者と多摩地域史研究会に心から感謝します。

多摩の地侍・土豪層と近世村落資料集
多摩の地侍・土豪層と近世村落連絡先

 この地に中世に活躍した人物が明らかになってくることを祈ります。
 連絡先は上記の通りです。(2016.06.28.記)

ビョウヤナギ

 久しぶりで都立南公園を経て玉川上水縁を歩くいつものコースを辿りました。
 暑くてフウフウして戻ってくると、公園でボランティアの方が花の手入れをしています。
 「いつもご苦労様です」
 と挨拶をして、話し込んでいると、老夫婦がボランティアの方に訊ねます。

 「ちょっと教えて頂きたいんですが、これはキンシバイ(金糸梅)なんでしょうか?」
 「いや、ビョウヤナギって云うんです」
 「ビョウヤナギ・・・、どんな字を書くのですか」
 「中国原産なんで、未央柳って書いてます」
 「それで、ビョウヤナギ? 不思議ですね・・・」

DSC_0723.jpg

 「同じようで、セイヨウキンシバイがありますよ」
 「○○さんには、区別が付かないでしょうね」

 変なお鉢が回ってきました。全く区別が付きません。
 どうもおさまらなくて、帰宅して調べてみました。
 ビョウヤナギと少し違うけれど、ほとんど同じです。

 よし、「ビョウヤナギ」と「金糸梅」と「セイヨウキンシバイ」を並べて見よう。
 と意気込んで再度出かけました。
 残念ですが、今回はこのビョウヤナギしか撮れませんでした。

 ブログ、すっかりご無沙汰してしまいました。友達から
 「お前、大丈夫か!!」

 って、電話がかかってきました。いろいろ言い訳をして
 「ビョウヤナギとセイヨウキンシバイとどう違う」
 と聞いたら

 「ヒメキンシバイと並べて見ろ」
 「そんなのあるのか・・・」

 この世界、きりがないですね。  (2016.06.25.記)

粋な恋文

DSC_0735.jpg

 「スミマセン、アップを見せて頂けますか」
 都立東大和南公園のグラウンド。
 上向き過ぎて、首が疲れて、もう限度。と、シャッターから指を離すと、それを待っていたように若い声。
 練習の最中、一時の休憩なのでしょうか、体育着の女子高生達です。

DSC_0778.jpg

 「ワタシ達も、さっき撮したんですけど、こんなに小さくて」
 差し出されたスマホには、遠く微かに実が揺れています。
 「今日は、あんまり格好が良くないよ」
 と、ビュワーにしてカメラを渡しました。

DSC_0744.jpg

 「仲いいわね!!」
 「この実、この後でどうなるのですか?」
 「なかなか見られないけど、風に乗ってくるくる回りながら飛んで行くよ」
 「ワー、見たい」
 「夏の終わりの時もあるし、秋に入っての時もあって、時期が難しいよ」

 「だれか、飛んだのを送ってくれないかな」
 「最後の方に、まわる姿のスケッチがあって、そん中に挟まっていたりして」
 「すぐ、ロマンチックになるんだから・・・」

 その時、
 「集まれ、タイム測るぞ」
 先輩でしょう、男子学生が号令をかけてきました。

DSC_0768.jpg

 「ほら来た」
 「行こう」
 「有り難うございました」

DSC_0747.jpg

 「そう云う手紙、粋な恋文って云うんだよ」
 「ワー、欲しい」
 「自分で出しな」

 こっちまで、若返らせてもらいました。(2016.06.09.記)

桜街道のサクランボ探し

 「桜街道、桜街道って、熱上げてるけど、
 花の季節が終わったあとはどうなってるの?」
 「そこだよな、さて、さて、・・・」
 近頃、ウオークの時間がとれなくて、もやもやしていたところ
 思い切って歩き始めました。

サクランボ1

東大和市駅前から西へ、モニュメント「桜」がある地域にかけては青葉です。

サクランボ2

イトーヨーカドーの前に来ると、何やら歩道にツブ、ツブが見られます。

サクランボ3

 下校途中のお子さん達が、踏み分けるようにして歩きます。
 しめた、上にあるぞ!!
 確か5月、大風のあと、あいつが来て
   風緩み 蘂(しべ)のバス停 友来る
 とメモを見せたら
 「こんな、めちゃくちゃ、どうしょもねえじゃねえか」
 とにべもなかったところ。

サクランボ4

サクランボ5

 ありました。ちょっと賑やかすぎますか・・・。
 でも、その年によるでしょう。
 桜街道、全体としてサクランボになる本数が少ないのが淋しいです。
 この先は森永乳業の前にありました。
 数本毎に見られるとか、うまく調整できないものでしょうか?
 「東大和市まち歩きコース」の一つに推薦したいです。
 (2016.06.03.撮影・記)
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR