狭山丘陵の小さな神まつり

 狭山丘陵を歩くと、小さなお宮に出会うことがあります。多くが、屋敷神として個人のお宅でおまつりしていますが、東大和市の蔵敷地区(熊野神社、太子堂などの裏)に、村中でまつった三つの小さな祠があります。その一つの神の名が不明でしたが、今回わかりました。その報告です。

愛宕社・山の神社
(クリックで大)
 
 画像の左側部分が丘陵南麓です。麓に民家が連なり、ぐっと青梅街道(村山道)へと下ります。その尾根筋の日だまりに、愛宕社(向かって左)と山の神社(右)が並んで居られます。村人達の生活を見守るようで、「よくもこんなに良い場所に」と感嘆してしまいます。

蔵敷愛宕社
(クリックで大)
 
 切妻屋根
 右横 明治11年戌寅秋社日
 正面 愛宕大神
 左横 武藏国多摩郡蔵敷村共立
 と彫られています。明治11年=1878
 愛宕社は火の神である軻遇突智神(かぐつちのかみ)、または火産霊神(ほむすびのかみ) を祭神とします。
 
蔵敷山の神社
(クリックで大)

 山神社(地元では山王社とも呼ぶ)

 右横 天保三壬辰年
    正月吉祥日
 左横 蔵敷邑
     願主 内野杢左衛門重泰
 と彫られています。天保3年=1832
 山王社は大山咋命(おおやまくいのみこと)、大物主神(おおものぬしのかみ)を祭神としています。山を守り農耕(治水)を司る神で、山の神は、農耕(治水、災害防止、豊作)を司る神とされます。

浅間社1 (1)
(クリックで大)

 他の一社は少し離れた、同じように麓が見下ろせる場所です。
 祠は画像右側の竹藪の手前にあります。
 
浅間社2
(クリックで大)

しめ縄を張ってまつられています。よく拝見すると、お賽銭が上げられています。

浅間社3
(クリックで大)

 さて、この祠にまつられている神様は?
 名前も年代も彫りがありません。
 江戸時代末の地誌『新編武蔵風土記稿』、地元の記録『狭山之栞』には記録がありません。
 市の『生活文化財調査概要報告書』にも掲載されず、長い間不明でした。
 ところが、2016年2月23日、偶然、蔵敷に昔からお住まいの方と話す機会があり
 地元では「浅間様」としておまつりしていることがわかりました。
 嬉しいです!!
 木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)から豊かな子宝、父神・大山祇神(おおやまづみのかみ)、姉神・磐長姫命(いわながひめ)から天候安定、豊作を祈ったことがわかります。

 身近な神々に、改めて丘陵と麓の生活の安定を祈った村人達の姿が重なって浮かんできます。
 ようよう名前がわかって、この地に三つ揃った神々のご報告です。(2016.02.26.記)
 

蝋梅

 「先導・・先見・・? 慈愛心、思いやり。後の方がいいな」
 差し出したタブレットの花言葉解説を読みながら、連れ合いは呟きます。

蝋梅1
(クリックで大)

 「どれもいいけど、だけど、花言葉って、どうやって生まれてくるのかな?」
 「・・・・・」
 「先が見えて、リーダーシップがあって、慈しみと思いやりに満ちているなんて最高だよね」
 「そうねえ・・・。今の世の中、あんまりお目にかかれないわね」
 「近くはご近所から、市、都、国って、こうなりゃらいいけど」
 「蝋梅にそんなこと云ったて・・・」
 「花は蝋細工のようだけど、じっと見てると、なんだか暖ったかみが包まれているようだね」
 「詮索もそんなところにしといたら。ほら蓑虫が笑ってるじゃない」

蝋梅2
(クリックで大)

 自宅から玉川上水駅までの往復、寒暖が激しいですが、春は来ていることを感じました。
 (2016.02.16.都立東大和南公園撮影 18日記)

日立航空機(株)変電所跡横花壇のお猿さん

 「あら、お猿さんがよく見えるようになったわ!」
 「ほんとだ、花のあるときとは全然、印象が違うね」

 2月になって、都立東大和南公園・日立航空機(株)変電所跡脇の花壇の花も衣替えです。太平洋戦争の時、米軍の爆撃を受けその跡が無数の穴となって外壁に残る建物です。110余名の方が犠牲になりました。
 そこに、4体の木のお猿さんが招きます。

南公園猿1
(クリックで大)

 「申年(さるどし)にちなんで、ボランティアの皆さんが設けたんでしょ?」
 「それにしても上手だね」

南公園猿2
(クリックで大)

 向かって左側
 「こっちは招きと歓迎だ」
 「手ぶりが良いわね」

南公園猿3
(クリックで大)

 そして、その右側には・・・

南公園猿4
(クリックで大)

 「これは、お父さんの好きな三猿、こっちは相愛?」
 「見ざる、云わざる、聞かざる、現代の庚申塔だね。これってスゴイね。
 爆撃を受けるような要因のあることは、何を出されても絶対見ないし、同意しない。
 爆撃の要因となるようなことは、金輪際云い出さない。
 爆撃の要因になるようなことは、何を言われても一切聞かない。
 って意思表示だろ。」
 「そして慈しみ合う。素敵ね」

南公園猿5
(クリックで大)

 2月13日、土曜の午後のウオーキング、大急ぎで家までカメラを取りに戻って写してきました。
 (2016.02.13.記)

仁王さまと名物だんご

 ジカウイルス問題が浮上し、インフルエンザ・風邪がはやり、早くも花粉情報が気になる季節になりました。かって、東大和市周辺で流行ったのが「はしか」でした。

 身近に医師が少なく、ほとんど病院がなかった頃です。はしかは命取りの病気でした。隣接する武蔵村山市に伝わる指田日記には、修験が祭壇を設け、お祓いをし、家族は千度参りをして平癒を願う様子が描かれています。しかし、「痘(とう)で死す」の言葉が並びます。
 そのような時、東大和の村人たちに人気があったのが山口観音山門の仁王様の股くぐりです。『東大和市のよもやまばなし』は次のように伝えます。

 「はしかがはやりだすと親たちは、子供を連れて山口観音へ参拝に出かけます。仁王様の股をくぐらせると、はしかを除けると言 われていました。当時、はしかは、子供にとって時に命に関わることもある恐しい病気でした。

DSC_77391.jpg

 山口観音では、お坊さんが仁王門のしとみに棒を立てて開けてくれます。右側の阿形(あぎょう)の仁王様でした。赤ちゃんは坊さんが抱いてくぐらせてくれますが、物心ついてくるとこわい顔の仁王様は、はしかより怖(おそろ)しくてなかなかくぐれません。そばの店で焼く名物のおだんごが香ばしい匂いを漂(ただ)よわせています。

 親たちはこれを種にしていっしょうけんめい励まします。坊さんも力を貸してくれるのですが、泣き声は大きくなるばかりです。仕方なく着ているチャンチャンコ等をぬがせてくぐらせることもありました。日傘を身代りにした話もあります。

DSC_77401.jpg
(クリックで大)
 吽形の仁王様
DSC_77411.jpg
(クリックで大)
 阿形の仁王様

 仁王門の前の左側の家は、雨店(あまだな)といわれ、今から三代前の人が雨宿りを兼ねただんご屋を開いていました。ここの焼だんごは有名で参拝客のいいおみやげになりました。また、武蔵村山市や東大和市の方から今の貯水池の山を越えて、所沢の市へ行く人が必ず腰をおろす休憩所でもありました。」(一部省略 p34~35)

DSC_77371.jpg
(クリックで大)

 山口観音の全景

 仁王門から石段を上がり観音堂本堂に向かいます。その右横に団子屋さんがあります。
 股くぐりの後の団子はひと味違った事と思います。面白いのは所沢への道筋です。村山貯水池ができる前、南麓から湖底に沈んだ集落を経て、山口観音に達する幾多の道筋がありました。明治14年の迅速図でもはっきり辿れます。

 代表的な広域路として八幡神社東脇、豊鹿島神社西脇を通る道がありました。これらを通って身近な市場の所沢に往き来するとき、団子屋に腰掛けて一服する村人達の姿が目に浮かびます。(2016.02.01.記)

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR