心遣い

 わが家の近くに高圧線の鉄塔があります。

ホオズキ1

 鉄塔に隣接して駐車場があり、鉄塔にはフエンスが巡らされていて、その根元に10㌢ほどの土面があります。

ホオズキ2

 その空地に、カラスが運んで来たのかホオズキが芽を出すようになりました。
 お隣さんだからと、頼まれもしないのに、自称、掃除好きの連れ合いが駐車場とその空地の雑草を抜き、せっせと掃除をします。

 「今年も、ホオズキが花を咲かせました!」
 「ホントだ、実になるのが楽しみですね」
 「でも、点検の時が心配ね」
 「ラベルでも立てておいたら・・・」

 ご近所さんが加わっての朝の挨拶にもなりました。
 花は実になって大きくなってきました。
 裏で、声高に作業をする声が聞こえ、フエンスが開けられ、点検と掃除が始まりました。

 「お父さん、抜かないようにって、頼んでよ。きっとよ・・・」
 
 云われていたのを思いながら外へ出ようとすると、久しぶりに知人からの電話。
 しかも、深刻な長電話。話の相づちを打ちながら、「抜くなよ」とメモに書きなぐりました。
 そのうち、裏は静かになりました。作業は終わったらしい。もしかしたら、間に合うかも知れない。
 電話を切って、恐る恐る裏に廻って見ると
 若い監督さんが、ニコッとして

 「いつもお世話になります」

 ホオズキは残っていました。

ホオズキ3

 赤くなるのをご近所さんと一緒に待ち構えています。
 (2015.06.25.記)


胃カメラ

 例年、5月から6月にかけて胃カメラによる検診を受けます。
 今回は簡易麻酔であったことから、過敏症で、何回もげっぷが出そうになりました。
 その都度、顔見知りの看護師さんに
 「私に合わせて、鼻から大きく息を吸い込んで、フーッと吐くのよ」
 「はい、フー、フー・・・」
 と励まされながら難関突破。

 「大変だったわね、一時間ほどしてからご飯食べてね」
 「手数かけてゴメンね」
 「気にしない、気にしない」
 で、診察室へ。どうやら、無事でありそう。思わず

 「先生、有り難うございました。これで、また、一年、過ごせそうです」
 「まあ、今見る限りでは、特に目立った心配原因はなさそうです。」

 気が楽になって、目の前のモニターの画像を見ると、しわくちゃがグッと近づく
 ついに、胃の中まで高齢現象かと

 「イヤー、先生、年取ると、胃にもしわが寄るんですか?」
 「そんなことありませんよ、しわがあるのは、いわば当たり前です」
 で、ホッとする。

 でも、なんで去年は気がつかなかったんだろう。
 うかつだったとモゾモゾしていると、先生は部分を確かめるため画面を大きくして下さる。
 恐る恐る覗くと、昨年に比べて胃の壁がすべすべしていて、綺麗なような気がする

 「先生、なんか、去年より、胃の中が綺麗になったように見えますが・・・」
 「昨年やったピロリ菌対策の結果です」

 へー、一度では退治できなくて二度目でようやく居なくなったのが
 こんなところに、効果が出るとは!

 「それにしても、○○さんは、何にでも、興味を持つんですね・・・」
 呆れ顔の先生に、あまり、時間を割かせてはいけないと、廊下に出ました。
 大腸検査は、草食性で腸が長いのか、大変なのでなるべく避けています。

ウスベニアオイ

 帰途、道筋のベニアオイに、スーッと蜂が飛んできて
 「無事、終わったよ」
 と声をかけました。(2015.06.20.記)

勘違い

 例年、父の日には息子からチーズ、娘からウイスキーか焼酎が送られてきます。

 「じゃー、クラッカー買っていくか」
 「そうねー、蜂蜜はあったものね・・・」

クラッカー


 来客の合間をぬって忙しく買い物。
 夕暮れになっても音沙汰無し。

 「今日は配達が忙しいから、夜かも知れない」
 「サービスカウンターは人だかりだったもんな」

 暗くなっても届かない。
 明るく装って、ともかく、夕食。

 「9時まで、外灯付けて玄関の鍵開けておくわ」
 「でも、閉めようや。不用心だから」

 「母の日には送ってくれたのに・・・」
 「・・・」

 「待って? アレー! カレンダー見たら、父の日って、来週だわ」
 「なんだよ・・・」
 
 ドッチもどっちで、先ずは来週は届きますように!!
  (2015.06の第2日曜日 記)

芋窪街道が玉川上水・西武線を潜る前

 古い写真の整理を始めました。
 整理どころか、ついつい見入って、あれこれ詮索が始まります。
 これもその一つ。
 1991年9月28日の日付が入っています。

91年玉川上水駅
(クリックで大)

 現在と比べると、交番、バス停の屋根、トイレ、駅広のカーブ、霊園は変わらずです。
 残念ながら、富士山は雲の中。左側の雑木林が玉川上水。
 
91年玉川上水駅一部
(クリックで大)

 種明かしは、24年前の玉川上水駅周辺です。
 モノレールは走らず、西武鉄道と芋窪街道は平面交差で、バスが通っています。

玉川上水駅広現在
(クリックで大)

 現在の玉川上水駅広。
 バス停の屋根、交番、そのままです。

芋窪街道
(クリックで大)

 芋窪街道(右)は地下に潜りました。
 その上を西武線、多摩都市モノレールが走り、玉川上水が流れています。
 個人的な詮索は、きりが無く、写真は元のママ、アルバムへ戻しました。
  (2015.06.12.記)

お久しぶりです

 ずいぶんご無沙汰してしまいました。時間に余裕がなくて、なかなか自分のページに書けませんでした。
 例えば、この石器、何だ?

旧石器石核
横幅は6.2㌢です

 でした。ひとつ一つの疑問に次々引きずられ、困りました。
 東大和市の空堀川のほとりで、篤農家が耕作の合間に見つけて、保存してくれていました。
 専門家に聞くと

 時代は約1万5000年位前
 旧石器人が石器(細石刃)をつくるとき削り残したもの(石核)。
 どこの石?
 多摩川ではない、それでは・・・?
 結局、細かく分析が必要、ということになって、とりあえず一段落。

 1万5000年前、空堀川のほとりで、バーベキュウーをしながら、この石から切れ味鋭い石器をつくったヒトは誰だ?
 気になります。

街道内遺跡位置図2

 でも、お陰様で、ご飯は美味しくて、寝付きが良くて、連れ合いは「幸せな人」と冷やかします。
 どんなに時間をとられても、性に合っているのでしょう。
 また、よろしくお願いします。(2015.06.07.記)

続きを読む






桜が丘編コース1パラパラ

ウオーキングマップ(桜が丘編) 

 *桜が丘編コース1
  玉川上水駅→都立東大和南公園→ヤオコー→市役所→東大和市駅→
  野火止用水→玉川上水駅

桜が丘編コース1パラパラ



東大和市の地図に戻る

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR