野火止用水にも、水が来なかった?

野火止用水にも、水が来なかった?
(小平市・一宮)

 玉川上水では、水食土(みずくらいど 福生市)が上水の水を飲み込んでしまったと上水起元(享保3=1803)は書き留めます。
 野火止用水にも、同じような伝えがあります。小平市・一宮神社の由来です。

清掃工場煙突1

 場所は小平市中島町1番地で、玉川上水駅から歩いて煉瓦の遊歩道(下が野火止用水)に入ると、右側に小平・村山・大和衛生組合清掃工場の煙突が見えます。その手前の道を入り、一度曲がるとその奥にまつられています。

小平市一宮全景

 鳥居の横に説明版があって、次のように記されています。 

 「自然とふれようみんなの道 一宮神社

 玉川上水が完成して間もない頃、徳川幕府の老中松平伊豆守信綱は武蔵野開発のため、小川村の分岐点(小平監視所)から新河岸川まで約30キロメートルを掘り野火止用水を作りました。しかし、「水喰土(みずくらいど)」といわれる関東の土のためこれが地下に吸い込まれ、なかなか水は流れませんでした。

 そこで、小川開拓者のひとり宮崎主馬(みやざきしゅめ)は分水口の近くに祠を建て水分神(みくまれのかみ)と豊受神(とようけのかみ)を祭って、山の神と称し、通水祈願をしました。神慮にかなったのか、突然大雨が降り出し、一夜にして玉川上水の清流は水音をたて野火止用水を流れたのです。

 これによって、この祠は一宮神社という社号を賜ったと伝えられています。そして、農耕の守護神として崇められ春2月の迎えの祭り、秋11月の送りの祭りは今なお続けられています。」(小平市 一宮神社説明板)

小平一の宮

 様々に解釈されると思いますが、小さな社の前に立つと、野火止用水開削当時の姿がいろいろと偲ばれます。(2014.10.29.記) 
 

用水工夫

 東大和市内から小平市を通る、けやき通りは、野火止用水の上を渡ります。あまり気がつかないのですが、野火止橋があります。
 そのたもとに「用水工夫」のモニュメント(東大和市)が置かれています。
 野火止用水の開削工事にちなんでのブロンズ像です。

けやき通り

 堀具を振り上げていて、気づいた人は、たいてい、立ち止まって、
 しげしげと見入ります。私は、回り道して寄ってしまいます。
 「美男子・・・」
 とほとんどの方々が云われます。
 割と小づくりの身体に、整った顔が何ともいえない雰囲気を醸し出しています。
用水工夫

 近くに説明板(作品紹介)があって
 
 「野火止用水は承応四年(1655)、徳川幕府の老中松平伊豆守信綱によってつくられ、小川村の分岐点(現在の小平市中島町)から新河岸川まで六里(約24キロメートル)を四十日間で堀り通したといわれる用水路です。この用水のおかげで、用水周辺の田、畑がうるおい、米の取れ高は十倍にもなったそうです。
また、美術工芸品の設置されたこの場所の町名は新堀といいますが、この掘りができたときに付けられたといわれる新堀という小字名を採用したものです。」
 と記されています。

 さて、いったい、この工夫さん、工事の時はどこから来たのでしょう?
 地元の村人? 
 川越の人? 野火止地方(新座市)の人?・・・?
 困ったもので、わかりません。知りたいです。
 (2014.10.23.記)

食べ損なった茗荷

  「ちょっと面白いから撮さない?」
  自転車で出かけようとするところへ、
  お隣のご主人が声をかけてくださった。
  「石の下から花が咲いてさ・・・」

茗荷

  ソレッとばかり行ってみると、確かに茗荷の花
  「すごい力ですね。あやかりたいです・・・」
  と撮して、根っこが太ったら・・・、期待、期待。
  しばらくして帰宅すると、なんと、もう小瓶に入って玄関に飾ってある。
  「奥さんがくださったの、綺麗ね・・・」
  「アーアー、これじゃ、夢かよ、まったく!!」
  (2014.10.15.記)
 

ハナミズキの実(友への絵はがき)

 今日は 10 月13 日、○○ならどう詠むだろうかと思いつつ、ハナミズキの実を送ります。強力な台風の予報が出たので、念のために、12 日に撮影してきました。すでに来年の花芽をつけ、一方で増殖のための実を膨らませていました。
ハナミズキの実
玉川上水駅広にて

 実は中にいくつかの種を持ち、やがてこぼれて、落ちます。公園や街路ではほとんど芽生えませんが、狭山丘陵では、時には小さな芽を見ることができます。でも、育たないようです。多くが園芸に頼っています。
 それなのに、木々は毎年、このように実と翌年の花芽をつける営みを続けます。生命力の強さに感じ入り、

 「また来年咲かせてな!」

 と声をかけたくなります。妻の歩くリハビリも、少しずつ距離を伸ばしています。陽気の変わり目、体に気をつけてください。台風の来る前に投函します。(2014.10.13. )

2014年10月8日のお月様


月蝕1
地球から戦争がなくなりますように(19:07)

月蝕2
飢えた子が空腹を満たされますように(19:30)

月蝕3
新しく光りを蘇えさせる時、誰にも力が漲りますように(19:34)
東京都東大和市の上空(2014.10.08.記)

玉川上水のドングリ

 お互いに年を経る友達に、絵はがきにして送りました。

 御嶽山が爆発して、惨事に冥福と鎮めの願いを深くしています。億・万・千・百年の間隔でこれまでに何回か繰り返してきた地球の変動期が来ているような気もして、平安を祈ります。

ドングリ

 玉川上水縁では、少し風が吹くと、音を立てて椎の実やカシの実が落ちてきます。一人前にバンダナを巻いた、よちよち歩きの女の子が、小瓶にいっぱい詰めて得意そうです。歩くと、足の裏でころころして、踏みつぶさないように足場を探すのも楽しみです。

 形を整えようとも思いましたが、午後の斜めの日差しの中で、それぞれが何か話し合っているようで、自然のままにしました。元気で次の季節を活動して下さい。(2014.10.04.)
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR