槌頭(つちんど)

 村山貯水池に沈んだ石川に伝わる話です。
 村の中央に湧き水を集めた川が流れ、石川と呼ばれました。石川には池がたくさんありました。槌ヶ窪(つちがくぼ)もその一つでした。池の廻りには家が一軒もなく、松が生い茂って、灌木があたりをふさいでいました。
槌が窪池
(クリックで大)
 この池の主について『東大和のよもやまばなし』は次のように語ります。
 「山には猿や狐、狸などが棲み、深い谷には人影もなく林と池に囲まれていました。水は海のように豊かに、ひでりの時も涸れることなく四季の姿をうつしたそうです。
 そこに槌頭(つちんど)という大蛇が棲んでいました。頭が槌の形をした蛇で、槌ヶ窪の地名の由来ともいわれます。その蛇が槌ヶ窪の主だったのでしょうか。元禄年間御料林の払下げがあり、立木を伐り払うと池の水はへり、大蛇はどこかへ行ってしまい再びその姿を見た者はないといいます。

 これは狭山の栞に書かれている伝説ですが、今もそのいい伝えが語りつがれているのでしょうか。 槌ヶ窪の池は今は隧道の奥にあり、貯水池が出来るまでは田用水としてたんぼの稲をうるおしていました。よしの生えている淋しい所で、そこに大きい蛇がいてのまれるから行ってはいけないと子どもたちはいわれていました。蛇が通ったあとか草が巾広くなびいているのを見たという人もあります。

 水が冷たくうっそうと茂った木にあたりはうす暗かったでしょうし、近よるなといわれなくても湿った空気やふむ枯草の音にもきもを冷やしたことでしょう。お年寄りに聞いた子供の頃のことです。」(『東大和のよもやまばなし』p167~ 168から)

 さてさて、留意すべきは「元禄年間御料林の払下げがあり」のところです。槌ヶ窪の周辺は幕府の御用林でした。
 元禄8年(1695)、五代将軍綱吉(犬公方)が中野に犬小屋を設置します。ところが、収用しきれず、狭山丘陵周辺の村々も犬の養育を求められました。元禄13年(1700)には、藁や菰(こも)を供出しています。
 そして、正徳4年(1714)、浅草の商人が、養育用の薪材を狭山丘陵の村々に求めています。槌頭が居なくなったのは丁度その時期にあたります。
 さらに、約150年後、嘉永6年(1853)の黒船騒ぎでは、江戸湾に台場をつくって防御をするため、基礎材に中藤(武蔵村山市)の御林山の松材が切りだされました。槌頭は、さぞ、住みにくくなったことでしょう。 
モニュメント槌頭
そのせいか、湖畔で石川方面を睨む槌頭
ちょっとイメージが違うかも・・・?
(2014.05.31.記)

村山貯水池に沈んだ村の移転先

 村山貯水池の移転は大正4年(1915)から始まりました。移転先は、いずれも旧来からの集落の南側、ほとんどが畑の広がる原の中でした。沈む以前は目の前に川がある水田の多い、森の豊かな里山地域でした。井戸掘りは深く、風よけの防風林の苗木植えも難儀でした。「赤風が吹くと神棚で牛蒡がとれる」「ぼろっかごを転がすと国分寺や府中まで飛んで行く」と云われる畑地で、新たな生活が始まりました。
大正4年村山貯水池移転先
(クリックで大)
 
 一峰違いで同じ村でありながら「よそ者」「移転場もの」の言葉が聞こえることもありました。新しい地域の人々との交流は不安でした。なじみだった所沢の市、山口の観音さま、北野の天神さま、荒幡の富士、久米の水天宮、勝楽寺の仏蔵院、みな遠くなりました。
 相当の忍耐が積み重ねられたようです。いつしか、結束も強まりました。これまでの付き合いをもとに新しい講も生まれました。

 時を経て、融和の時期が来ます。貯水池建設工事のブームと学校が基になったと云う方も居ます。その学校が財政難で運営できなくなる事態を迎えます。村々は、大正8年(1919)、合併して大和村をつくって乗り切ります。よそ者は存在しなくなりました。(2014.05.22.記)



村山貯水池に沈んだ村

 村山貯水池の対象となる面積は、一口に324町歩(972万坪、3,21平方キロ)とされます。このうち、買収対象となったのは次の通りでした。 
村山貯水池買収面積完

 これらの用地を総数162戸の村人達が所有していました。
 大正2年(1913)9月7日、貯水池建設の認可、
 大正3年(1914)用地買収、
 大正4年(1915)移転となりました。

 総件数162軒で、芋窪村48軒、蔵敷村5軒、奈良橋村5軒、狭山村56軒、清水村48軒でした。高木村は対象となる地域がありませんでした。全村戸数の約20%が対象となりました。

 移転先は、90%近くの人々が一峰越して、丘陵南麓のそれぞれの村を選びました。その他の地域への移転先は次の通りでした。
  所沢2軒、東村山3軒、村山4軒、小平5軒、府中市1軒、
  千葉県八街1軒、栃木県西那須2軒

 移転は、大正4年(1915)春、上貯水池の石川集落から開始されました。わずか1年~2年の間に移転先を定め、交渉するのですから、その労苦は想像に絶するものがあったことが語られます。
 
村山貯水池移転状況軒数_edited-3 
(クリックで大)
 多くの方々が、これまで住んでいた家を解体して運びました。そのため、太い柱や桁を運ぶのが大ごとでした。牛車を二台つないで、近所や親戚一同の手押しで坂を運び上げました。何度も繰り返される坂越えに、峠で美しく見えた富士山が仕舞いには恨めしくなったとさえ云われます。墓石を運ぶときは声もなかったと語られます。

 移転した後が問題でした。ページを改めます。(2014,05,18,記)

山口貯水池に沈んだ集落の移転

 山口貯水池は狭山丘陵の中、埼玉県所沢市、入間市、東京都武蔵村山市、瑞穂町にまたがり総面積223万坪を要してつくられました。満水面積は50万坪とされますので、約3倍の森林地帯で囲まれていることになります。面積を表すのに、平方メートルにするのが当然ですが、表が大きくなりますので、坪の使用をお許し下さい。
 用地は国有地13万坪に加えて、民間からの買収面積が210万坪でした。その内訳は下記の表の通りです。昭和2年(1927)から測量などが行われ、昭和3年(1928)に買収が終わっています。
山口貯水池買収面積
(クリックで大)
 旧村の関係で表示しましたが、山口村は主に勝楽寺村、宮寺村は入間市縄竹、元狭山村は現在の瑞穂町に接してありました。村山村は武蔵村山市、石畑村は瑞穂町になります。勝楽寺村と縄竹村で売渡面積の82%を占めました。

 人家は山口242軒、宮寺35軒、村山5軒でした。1軒あたりの平均宅地面積は山口256坪、宮寺312坪、村山214坪でした。良質な水田がありましたが、主として畑作が営まれていました。山林が圧倒的に多く、まさに里山集落を形作っていたことがわかります。

  東京市役所発刊の『山口貯水池小誌』によれば、282軒の総人口は 1720人余で、10 人以上30戸、 5人以上170 戸、5人以下 80戸のような家族構成でした。
 職業は大部分が農業で 190戸でした。織物製造業が 20戸、竹木販売業7戸、養鶏業 6戸、茶・繭仲買商3戸、菓子製造業 3戸、建築講負業2戸、豚販売業 2戸などでした。
 その他、醤油製造業、雛人形製造業、精米業、運送業、理髪業、魚類販売業、青物販売業、鶏卵販売業、自転車商、綿商、染料商等が何れも1戸ずつあり、無職 18戸、僧侶2 戸とされます。いずれも概数です。(p147)

 この方々が、住み慣れた故郷を後に、下表の地域へ移転しました。それぞれつてを求めての移転でした。勝楽寺村は40%の方々が地元の山口に、そして約50%の方々が隣接する所沢市、武蔵村山、東大和に移られました。縄竹村の大部分が近くの宮寺へ、村山村の方々は全戸が村山に移られています。昭和5年(1930)に工事が開始されていますので、この間が移転期間と思われます。
山口貯水池買収面積
(クリックで大)

 湖底に沈んだ方々の祖先は古代、中世からの歴史を形成されてきました。その貴重な積み重ねが新しい地域に移されています。狭山丘陵の歴史を訪ねるとき、その重要さをしみじみ感じます。訪問するときの手引きとして、あえて、旧村で整理しています。読みにくさをお許し下さい。
(2014.05.15.記)


村山貯水池の用地買収

 狭山丘陵の古くからの谷に、大正3年(1914)、村山貯水池の建設計画が告げられました。
 引き続いて、大正15年(1926)、山口貯水池建設の測量が始まります。
 今回は村山貯水池の用地買収のお話しです。

村山・山口貯水池


 大正元年(1912)9月7日、村山貯水池の建設が認可、大正2年度(1913)~大正8年度(1919 )継続事業(7カ年)が決定。
 大正3年(1914 )1月10日、芋窪村(現・東大和市芋窪)蓮華寺に建設のための測量詰め所が設けられました。

 この動きに、早くも地元の村人達は行動を起こします。詰め所が設けられてから11日後、大正3 年(1914) 1月22日、移転住民大会が開かれました。大会の場所や出席者などは不明です。次のような大会趣意書と決議文が残されています。
移転住民大会
移転住民大会決議文

 反対運動が続く中、東京市は地元の村長に水道拡張工事に関する事務を委託しました。しかし、この事務嘱託は失敗したようです。大正4年7月17日、東京市会においての議員の質問に当時の助役は次のように答えています。
「何故ナレバ嘱託ヲ受ケタル人々ハ初メ市ニ好意ヲ表シタルモ、市ノ買収評価ガ彼等ノ予想ノ三分ノ一内外ニ過ギザルコト明白ト為ルニ及ンデ、彼等ハ忽チ売却反対ノ急先鋒ト変ジタレバナリ」。

 しかし、ここで微妙な話が出ていたことがわかります。同じ答弁の中で、
「隣接ノ埼玉県山口村ハ、候補地トシテ多少可能性ヲ有スルガ故ニ、村山ニ対スル牽制策ヲ兼ネ、此地ヲ測量シタルニ、村山ニ及バザルコトヲ確メタリ。然レドモ此測量ハ予期ニ違ハズ、村山ノ買収交渉ニ効果ヲ現ルシタルヲ以テ、終ニ山口村ヲ放棄した」
 と答えています。山口貯水池の建設は、大正末から折衝が始まったとされますが、この時点で「牽制策ヲ兼ネ」て、候補地として浮上していることに注意です。
 
 村山貯水池では、反対運動が続けられる中で、用地買収は進み、大正4年(1915)~5年にかけて用地は買収されました。一部には強制収用の措置が執られました。

1坪当たりの金額は

        銭
 山林・原野 43・35  
   畑             73・66
   田      87・83
 墓地   1円36・00 
 宅地    1円60・00
 でした。

東大和市郷土博物館では、買収単価を次のように比較しています。
 タバコ(ゴールデンバット)20箱 1円 明治40年
 特級酒               1升 1円 大正元年
 東京大学授業料           50円 明治43年

 長年住み慣れた地を離れた村人達は、一峰越えた狭山丘陵の南麓に移転しました。東大和市にとっては最も水田の多い地域で、移転した村人達はつてを求めて、南麓の畑地を買いました。南麓の畑地は細分化し、小作農が増えました。

  (2014.05.07.記)





これだけの村が沈むことになった

 村山・山口貯水池は狭山丘陵がつくった大きな谷に堰堤を築いてつくりました。
 その谷には、古くからの集落があり、村が形成されていました。
 
村山・山口貯水池村入1
(クリックで大)
 いずれも貴重な山峡田を基盤とする古村です。
 それぞれにその地に生活を営み、歴史を積み重ねて固有の文化を根付かせてきました。
 峰を越えての付き合いがありました。
 それが、湖底に沈むことになります。村人達は対応に迫られます。現・東大和市域、武蔵村山市域、瑞穂町の村々はその一部が対象になりましたが、山口貯水池では、現・入間市、所沢市の2村が全面的に対象になっただけに大きな反響がありました。
 山口貯水池建設に際して東京市が編集・発行した『山口貯水池小誌』でも、その様子を次のように記しています。

 「東京市が村山貯水池を築造した時には、北多摩郡の芋窪村、藏敷村、奈良橋村、清水村、狭山村(小誌からは抜けている)の163戸の移転を行った。公企業であるから止むを得ない事とは云へ、耕作に必要な土地を伴はなければならぬ手重さに、其の不便は一方ならぬのだ。
 たとえ、これを忍んだとしても、多年培われた隣保団結の美風は、一朝にして破壊され、聚落の結成は忽然として離散の憂き目に遇ひ、一部落に於ける社会形態は、全く壊滅に帰するのであるから、当時、怨嗟の声も高く、私情に於ては同情に堪えなかつたものだ。

 山口貯水池に至つては、更らに其の人数ばかりでなく、昔の勝樂寺村及縄竹村の何れも全部と、堀口村の大部分に亘る部落の解消であるから、一層同情を禁せざるを得ない。」
 (2014.05.01.記)


sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR