FC2ブログ

狭山丘陵の小さな神まつり

 狭山丘陵を歩くと、小さなお宮に出会うことがあります。多くが、屋敷神として個人のお宅でおまつりしていますが、東大和市の蔵敷地区(熊野神社、太子堂などの裏)に、村中でまつった三つの小さな祠があります。その一つの神の名が不明でしたが、今回わかりました。その報告です。

愛宕社・山の神社
(クリックで大)
 
 画像の左側部分が丘陵南麓です。麓に民家が連なり、ぐっと青梅街道(村山道)へと下ります。その尾根筋の日だまりに、愛宕社(向かって左)と山の神社(右)が並んで居られます。村人達の生活を見守るようで、「よくもこんなに良い場所に」と感嘆してしまいます。

蔵敷愛宕社
(クリックで大)
 
 切妻屋根
 右横 明治11年戌寅秋社日
 正面 愛宕大神
 左横 武藏国多摩郡蔵敷村共立
 と彫られています。明治11年=1878
 愛宕社は火の神である軻遇突智神(かぐつちのかみ)、または火産霊神(ほむすびのかみ) を祭神とします。
 
蔵敷山の神社
(クリックで大)

 山神社(地元では山王社とも呼ぶ)

 右横 天保三壬辰年
    正月吉祥日
 左横 蔵敷邑
     願主 内野杢左衛門重泰
 と彫られています。天保3年=1832
 山王社は大山咋命(おおやまくいのみこと)、大物主神(おおものぬしのかみ)を祭神としています。山を守り農耕(治水)を司る神で、山の神は、農耕(治水、災害防止、豊作)を司る神とされます。

浅間社1 (1)
(クリックで大)

 他の一社は少し離れた、同じように麓が見下ろせる場所です。
 祠は画像右側の竹藪の手前にあります。
 
浅間社2
(クリックで大)

しめ縄を張ってまつられています。よく拝見すると、お賽銭が上げられています。

浅間社3
(クリックで大)

 さて、この祠にまつられている神様は?
 名前も年代も彫りがありません。
 江戸時代末の地誌『新編武蔵風土記稿』、地元の記録『狭山之栞』には記録がありません。
 市の『生活文化財調査概要報告書』にも掲載されず、長い間不明でした。
 ところが、2016年2月23日、偶然、蔵敷に昔からお住まいの方と話す機会があり
 地元では「浅間様」としておまつりしていることがわかりました。
 嬉しいです!!
 木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)から豊かな子宝、父神・大山祇神(おおやまづみのかみ)、姉神・磐長姫命(いわながひめ)から天候安定、豊作を祈ったことがわかります。

 身近な神々に、改めて丘陵と麓の生活の安定を祈った村人達の姿が重なって浮かんできます。
 ようよう名前がわかって、この地に三つ揃った神々のご報告です。(2016.02.26.記)
 

蔵敷地域

 蔵敷(ぞうしき)は新青梅街道以北、狭山丘陵の南麓に位置します。新青梅街道から入ると近代的な集合住宅団地内を通り、そのまま、狭山丘陵周辺に近づくと、新しい開発と共に古村のたたずまいが残る、不思議な地域です。
 江戸時代の正徳年間(1711-1715)に、隣接する奈良橋村から分離独立しました。珍しい村名で、様々な説があります。代表的なものは江戸時代末期の地誌である新編武蔵風土記稿が次のように伝えます。
 「蔵舗村は、奈良橋の内に属す、正徳年中分村せしといえど、郡村名寄帳にもみえず、一村には立かたし、故ここに隷す、或は蔵式と書り、民家五十五軒なり、・・・」
 で、奈良橋村に居住した領主・石川氏の蔵があったところから名付けられたとするものです。古文書では「奈良橋村の内蔵敷分」と書かれることが多いようです。

東大和市蔵敷地域 

 寛延2年(1749)から、名主役をつとめた内野氏が「里正日誌」(りせいにっし)として、丁寧な記録を残したことから、それ以降のことは詳細にわかり、東大和市をはじめ狭山丘陵周辺の事を知る上で、貴重な資料となっています。特に、幕末の領主であった江川太郎左衛門との深い交流から、明治維新を迎える村の状況を動的に知ることが出来ます。

 江戸時代の旧道がよく残り、青梅街道沿いに高札場跡があります。蔵敷庚申塚は現在、変形しながらも塚の姿を残しており、その南には幕末の「農兵調練場跡」があります。周辺の道路の交差などから、この地域のありし日の姿を彷彿とさせます。
 丘陵南麓には旧家が連なり、太子堂があります。聖徳太子をまつる人々の「講」が行われた場所で、狭山丘陵周辺では珍しいとされます。明治維新後、小学校が置かれました。隣接する奈良橋との間に東大和市が進める狭山緑地の小さめの谷があり、湿性植物などの植生を目に出来ます。地元では、「仙光が谷ッ」と呼び、かっては墓地がありましたが、猪害のため、庚申塚の近くに墓地を移転した経緯があります。雑木林の新緑と秋口の紅葉が美しい場でもあります。

東大和市案内図蔵敷周囲色

 昭和30年代から、農兵調練場の南に集合住宅が建設され、福祉施設の進出、新青梅街道沿いの店舗など、点在する農地とともに、独特の景観を目にします。

話題
 蔵敷地域に関するブログなどの話題をリンクします。
  里正日誌を読んでみます  村の心得之事 日米和親条約とその前後
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR