豊鹿島神社

DSC_40621.jpg
(クリックで大)

 東大和市内で最も古い創建の伝承(慶雲4・707年) を持ちます。
 現在の本殿は、文正元年(1466)の創建棟札を残し、東京都内で最古の室町神社建築物です。
 東京都有形文化財(建造物)に指定されています。

豊鹿島神社参道周辺800
(クリックで大)

 東大和市の北西部・芋窪一丁目、青梅街道から狭山丘陵に向かって表参道があります。
 長い参道の脇には、維新の象徴「郷社 豊鹿島神社」の石碑、自由民権運動の集会が開催された跡、大欅モニュメント「ふくろうなど、話題性がある事柄が並びます。

 
DSC_40653.jpg
(クリックで大)

 参道正面の石段(男坂)を登ると、地元で「かしま様」と親しまれる社(やしろ)が、がっしり鎮座しています。
 江戸時代には朱印十三石が給せられました。手前から、拝殿・弊殿・本殿で構成され、中には祭神、本殿の様式、棟札、狛犬、獅子頭・・・など歴史の豊かさを示唆する事柄がいっぱいに詰まっています。

DSC_55461.jpg

拝殿からは本殿を拝することができます。
(2014年9月27日 撮影許可を受ける)

豊鹿島神社裏
(クリックで大)

 社殿の北側には、八社の境内末社が祀られ、さらに、二社の境外摂社によって全体が構成されています。
 地域的には、下図の通り、南に要石、北に奥の宮を構え、狭山丘陵と武蔵野の原を包み込む神社であることがわかります。

豊鹿島神社石川里
(クリックで大)

豊鹿島神社はいつ創建されたのでしょう

 神社に置かれたパンフレットは、次のように沿革を記します。

豊鹿島神社沿革
(クリックで大)

 『武蔵名称図絵』『新編武蔵風土記稿』の記載の詳細についてはページを改めます。
 本殿に関して五枚の棟札を有しますが、本殿の創建に関わる「文正元年(1466)十月三日の棟札」について概略を紹介します。

豊鹿島神社棟札
(クリックで大)

 創建棟札は二枚在ります。
○左は『武蔵名称図絵』記載の文正元年棟札です。
 豊鹿島神社の神官宅に保管されている「写しの棟札」を記したものと考えられます。
○右は平成5年(1993)本殿改修工事の際に発見された、棟に実際に和釘で留められていたものの表部分の内容です。
 この二者の基本的違いは新たに発見された棟札が実物であると同時に「武州多東郡上奈良橋村」の記載があることです。

武州多東郡「上奈良橋郷」

 従前から考えられていた狭山丘陵の中世の郷は下図の通りで、南麓には村山郷と宅部郷とされ、「奈良橋郷」は想定されていませんでした。今回の解体修理で、当時の鹿島大明神は「上奈良橋郷」に建設され、「上奈良橋郷」という郷が存在していたことを明らかにしました。

奈良橋郷
(クリックで大)

 奈良橋郷は、東大和市以外ではほとんど知られていません。これからの解明がまたれています。
 豊鹿島神社を語るときは、この問題を抜きにできません。
 ブログという制約もあります。いったんここで区切って、次に続けたいと思います。

拝殿での説明

 魅力的な神社内部の拝観は団体で事前に神社側に申し込めば可能性があります。画像は2014年9月27日、東大和市観光ガイドの会が拝観をお願いしたときのものです。当日、石井神主さんから本殿の懇切なご説明、ご案内を頂きました。
(2016.03.24.記)
 
  創建伝承と江戸時代の地誌 豊鹿島神社本殿棟札 大欅 境内社1 境内社2 二つの碑  奥の宮 
 豊鹿島神社の要石1  豊鹿島神社の要石2(武野遊草  豊鹿島神社の要石3(『東大和のよもやまばなし』)

芋窪地域

 芋窪は東大和市の西北に位置します。新青梅街道以北、狭山丘陵の根通りに営まれた古村を母体とします。北側の行政界から南の玉川上水駅までの長いまちでしたが、北側一帯が村山貯水池建設に伴って湖底に沈みました。その区域を現在では多摩湖と呼びます。新青梅街道以南は上北台、立野など新しい町名に変わりました。
東大和市町名図芋窪15

 現在の芋窪は狭山丘陵の南麓に刻まれた西谷ッ、中谷ッ、東谷ッを中心に形成された集落を中心としています。東大和市を最初に形成した谷ッの集落が現在もその姿を残しています。村山貯水池に沈んだ石川とは狭山丘陵の笠松坂で結ばれていました。峠を行き来した当時を語るよもやま話に「籐兵衛さんと狼」があります。狼を祀った祠が住吉神社の隣にありますが、都市計画道路の築造により、場を変える可能性があります。
東大和市案内図芋4

 歴史的には、縄文時代から人々が定着し、鹿島台縄文遺跡からは集落の跡が発見されています。この地域の産土(うぶすな)・豊鹿島神社は慶雲4年(707)と古代に遡る創建伝承を伝えます。原中に「要石」の伝承が伝えられます。 戦国から近世にかけては、天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原攻めにともない八王子城が落城して、この地にも、関係者が帰農したことも想定されます。徳川家康が関東に移封と決まった、翌・天正19年(1591)には、早くも家康直属の家臣が芋窪・高木に配属されて、芋窪村を形成しています。
 以後、典型的な谷戸の集落の村人達が、南方に連なる武蔵野の原野を江戸時代を通じて開墾して、細長い村をつくりあげました。

 丘陵の南麓東西に、かって瑞穂町から東村山市まで「村山道」と呼ばれた道が走ります。今では、「青梅街道」と名を変えて、東京と青梅へ、そして甲州へと通じています。南北には「芋窪街道」が南は立川市へ、北は狭山丘陵を越して埼玉県所沢市まで達していました。現在は西武ドームへ通う道としても親しまれ、東京都と埼玉県を結ぶ広域道路になっています。

 水田は、谷戸に僅かばかり開かれ、丘陵の一部と原には、一面の畑作が営まれました。江戸時代から養蚕が盛りで名を馳せた「村山絣」の考案者の一人に、芋窪の荒幡源七氏の名が上げられます。慶性院、蓮花寺は村山貯水池建設に伴って現在地に移転して来ました。最古の庚申塔も貯水池に沈んだ石川にありました。

 現在は農地は生産緑地として僅かに残されて、貴重な景観をつくっています。
 狭山丘陵と一体をなすまちで、良好な景観保全が求められますが、その丘陵部に開発が進みつつあります。


大正7年の狭山丘陵

 蓮華寺が村山貯水池に沈む前

 『武蔵野』という地誌があります。大正7年(1918)7月に創刊されて、現在も刊行が続いています。村山貯水池の歴史を調べる過程で、その創刊号から目を通しました。なんと、第2号(大正7年10月20日発行)に、丁度、村山貯水池工事が進む時の東大和市(当時は高木他五ヵ村組合)の姿が紹介されてるではありませんか。

 東村山の正福寺を出て現在の志木街道を西に向かい、芋窪の豊鹿島神社を訪ねて山口観音に向かう行程です。
 少し読みにくく、ブログには長文ですが、雰囲気が伝えられるので、紹介します。
 
正福寺地蔵堂
正福寺地蔵堂(東村山市)
 「・・・門前を出ると青梅町に通ずる村山街道である。此の附近は古へ武勇の名ありし武藏七党の一、村山党の居住していたところで、野与基永(のよもとなが)の弟頼任(よりとう)が村山貫重と称して以来その子孫には、大井、宮守、金子、山口、須黒、横山、仙波、廣屋、荒波多、難波田の十家に分れて武威を輝して居た。
 勇ましい東男の武者振りを思ひ乍ら、右に狭山の連丘、左に桑畑の摘吹を聞き乍ら、絶えては続く人家を眺め乍ら、ひたすら山口観音堂へと急ぐ。

 松の枝面白き狭山は武藏野の名所として幾多の歌集に其の吟詠を残して居る。
 一名、向が岡とも云ふ。向か岡としての吟詠も多い。府中の館跡から見渡す関戸、稻城の山続きも向か岡と云へば、その他にもある。
高木前
東大和市高木の村山道と狭山ヶ丘
 ただに向か岡の歌を武蔵野なるが故にこの狭山とのみするは或は附會かも知ぬが、平蕪迷ふ中古の武確野の旅人が、海原の孤島の様な懐しいこの蓮山に逢着した時には、たしかに湧然たる詩情を禁じ得なかつたであらう。
 いや遠い京の殿上人に武藏野の廣い旅の疲れを物語る時に、その労を慰めたこの狭山は土産話の武蔵野に是非引き括めて語らねばならぬ名山であつたであらう。
豊鹿島神社
豊鹿島神社

 芋窪村に鹿島神社がある。奥田義人博士書てしてある碑を右に見て鳥居をくぐると中幹から枝を交差して幡居して居る欅の大木がある。見事さにカメラに牧めて、神社に賽して右に山口観音道を登る。
 山中の窪地に出でんとする左に眞言の蓮花寺と云ふ寺がある、寺男一人昼静かに留守居して居る。
 窪地を更に山に上ると右に東京市の貯水工事がエイ、エイこだまして、山を崩し堰を造つて居る、丸木舟や地藏の堀り出さされたところである。
 武藏野の住古のさまが、夢から夢と廻る、ここは埼玉縣だなど現実に返れば山の頂上である。

 狭山の頂界線が東京府と埼玉縣の境界である、山口観音は埼玉縣の狭山の半腹に松の樹立の中にその草屋根をチラ付かせて居る。・・・」  (狭山めぐり 高山湖山 p47)
建設された上の堰堤
この堤の横を通ったのでしょう。

sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR