FC2ブログ

野火止用水にも、水が来なかった?

野火止用水にも、水が来なかった?
(小平市・一宮)

 玉川上水では、水食土(みずくらいど 福生市)が上水の水を飲み込んでしまったと上水起元(享保3=1803)は書き留めます。
 野火止用水にも、同じような伝えがあります。小平市・一宮神社の由来です。

清掃工場煙突1

 場所は小平市中島町1番地で、玉川上水駅から歩いて煉瓦の遊歩道(下が野火止用水)に入ると、右側に小平・村山・大和衛生組合清掃工場の煙突が見えます。その手前の道を入り、一度曲がるとその奥にまつられています。

小平市一宮全景

 鳥居の横に説明版があって、次のように記されています。 

 「自然とふれようみんなの道 一宮神社

 玉川上水が完成して間もない頃、徳川幕府の老中松平伊豆守信綱は武蔵野開発のため、小川村の分岐点(小平監視所)から新河岸川まで約30キロメートルを掘り野火止用水を作りました。しかし、「水喰土(みずくらいど)」といわれる関東の土のためこれが地下に吸い込まれ、なかなか水は流れませんでした。

 そこで、小川開拓者のひとり宮崎主馬(みやざきしゅめ)は分水口の近くに祠を建て水分神(みくまれのかみ)と豊受神(とようけのかみ)を祭って、山の神と称し、通水祈願をしました。神慮にかなったのか、突然大雨が降り出し、一夜にして玉川上水の清流は水音をたて野火止用水を流れたのです。

 これによって、この祠は一宮神社という社号を賜ったと伝えられています。そして、農耕の守護神として崇められ春2月の迎えの祭り、秋11月の送りの祭りは今なお続けられています。」(小平市 一宮神社説明板)

小平一の宮

 様々に解釈されると思いますが、小さな社の前に立つと、野火止用水開削当時の姿がいろいろと偲ばれます。(2014.10.29.記) 
 

用水工夫

 東大和市内から小平市を通る、けやき通りは、野火止用水の上を渡ります。あまり気がつかないのですが、野火止橋があります。
 そのたもとに「用水工夫」のモニュメント(東大和市)が置かれています。
 野火止用水の開削工事にちなんでのブロンズ像です。

けやき通り

 堀具を振り上げていて、気づいた人は、たいてい、立ち止まって、
 しげしげと見入ります。私は、回り道して寄ってしまいます。
 「美男子・・・」
 とほとんどの方々が云われます。
 割と小づくりの身体に、整った顔が何ともいえない雰囲気を醸し出しています。
用水工夫

 近くに説明板(作品紹介)があって
 
 「野火止用水は承応四年(1655)、徳川幕府の老中松平伊豆守信綱によってつくられ、小川村の分岐点(現在の小平市中島町)から新河岸川まで六里(約24キロメートル)を四十日間で堀り通したといわれる用水路です。この用水のおかげで、用水周辺の田、畑がうるおい、米の取れ高は十倍にもなったそうです。
また、美術工芸品の設置されたこの場所の町名は新堀といいますが、この掘りができたときに付けられたといわれる新堀という小字名を採用したものです。」
 と記されています。

 さて、いったい、この工夫さん、工事の時はどこから来たのでしょう?
 地元の村人? 
 川越の人? 野火止地方(新座市)の人?・・・?
 困ったもので、わかりません。知りたいです。
 (2014.10.23.記)

気になる玉川上水

時間のやり繰りが多少出来て、元気になってきたのか
束の間の時間を作って
玉川上水まで歩きました。
鴨も正月休み 
小平監視所手前の現在の玉川上水の末端部分では

鴨も正月休み2 
鴨も正月休みでノンビリ。
まあ、良かったと、上水に降りるといささか気になります。

荒れ始めた玉川上水
(クリックで大)

清流が復活した玉川上水の掘削面に、少しずつ崩落が始まっています。
この場所は黒井千次さんの「のびどめ用水」で、
主人公と黒いコートの女性と出会う主要なところでもあります。
保存には様々な困難が理解できます。
でも、このままでいいのでしょうか!!
(2014.01.04.)

玉川上水の秋

散歩道 久しぶりに
西武拝島線玉川上水駅南口から玉川上水縁に出て、上流へ

「ワタシテキには、こうユウところって、ダイスキ・・・」
「そんな、ジジ・ババみたいなこと言ってさ・・・」
若い女性が二人、それぞれに、しゃれたカメラを構えて撮しています。

IMG_0926のコピー
ワタシテキ??
「きっと私的って書くんだろうね?」
連れ合いに聞くと
「もうとっくよ・・・、アナウンサーだって使うんだから」
「ヒエー、じゃー、私的に撮ってみるか」
案外良い言葉かもしれないと妙に納得で、シャッターを押しました。

IMG_093722.jpg
玉川上水縁にも、少しずつ、黄色が見え始めました。

玉川上水の秋3 
 大好きな根っこは、また年輪を重ねたようで
「そんなもの撮るのはあんただけ・・・」
「ワタシテキに、敬意を表してんだ」
「フイルムじゃないから、いいけどさ」
云い合いはしばらく続きます。

玉川上水の秋4
根っこの側にはドングリが
「可愛いわねー。夕日が、お休みなさいを云ってるわ!」
「ヘー、あんた的には、ドングリとお日様の声が聞こえるんだ」
「トンチンカンとは、付き合いきれない」

IMG_09502.jpg 
「あー、ツタは、秋、真っ盛りね」
「ウン、もうすぐ雑木も紅葉するね、来週かな」
また、報告します。(2013.11.14.)
(画像はクリックすると大きくなります)

玉川上水・野火止用水 清流復活の水

 野火止用水の水は、現在、どこから流れているのか? 
 この疑問を解きに来てぶつかったのが、西武新宿線玉川上水駅南口を降りて間もなくの「上水小橋」に集まる数人のハイカーの声高の会話です。
 
清流復活の玉川上水
「上水小橋」からの玉川上水
昔のままの素掘りに音を立てて水が流れています。

「ここから先、流れてる水は多摩川からの水じゃないって、説明されたけど・・・?」
「そんなことあないよ、羽村の堰からの多摩川の水さ。今は水槽になっちまったけんど、そこに取り入れ口があってよ、ちゃんと石垣が積まれていて、間違いなくそこから流れていた」
 地元の方の話は具体的です。そして説明役 
「確かにそうでした、昭和48年頃までは・・・。でも、今は違うんです」
 と云っても
「いや、とんでもない、この裏で、岩の間から羽村からの水が吹き出してるぜ。」

清流復活口
どうも、ここに、仕掛けがありそうです。

「ほんとだ、水が湧いている」
「大きい鯉もいるし」
わいわい、なかなか納得されません。その種明かしです。

小平監視所周辺

 上水小橋から、東京都水道局小平監視所まで登ります。建物の壁に説明板が掛けられています。

砂川線説明図 
沈砂池から砂川線、小平分水(新堀用水)が地下に潜る

 沈砂池から砂川線で東村山浄水場、小平分水(新堀用水)へと大小の管に分かれて、玉川上水で運ばれてきた多摩川の原水は全部地下に潜らせて運ばれています。これでは、下流の玉川上水へは流れません。現に見てきた水はどこから来ているのでしょう。もう一つの案内板があります。

清流の復活案内板
清流の復活記念碑
昭和61年(1986)8月 東京都知事鈴木俊一
と揮毫されています。
その横に東京都環境局自然環境部の案内板があります。
処理水送水管ルート
東京都環境局自然環境部 清流の復活案内板一部拡大

 昭島市にある多摩川上流処理場から朱書きの現在地=小平監視所まで、点線で送水管が記されています。高次処理された処理水の送水管の経路です。小平監視所の職員さんに聞くと、監視所と先に紹介した岩からの湧き口の間に栓があって、送られてきた処理水が、玉川上水と野火止用水に流されているのだそうです。
 これが、一度涸れた小平監視所から下流の玉川上水に清流が復活した仕組みでした。野火止用水も同じです。こちらは玉川上水よりも早く、昭和59年(1984)に清流の復活がされました。

 昭和40年代末に玉川上水も野火止用水も水が流れなくなり、堀は埋まり始め、汚水が流れ込み、まさに破壊寸前でした。その時の荒れた姿を思うと涙が出てきます。清流復活に多大な努力を傾けられた方々に感謝です。
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR