新堀地域

新堀の家並み

「落ち着いたまちね。ほっとする。新堀って、野火止用水のことでしょう?」
「うん、野火止用水に沿っているところで、町名地番整理前は、三丁目が狭山の新堀、二丁目と三丁目がそれぞれ清水の上新堀と下新堀、そして、現在、林になっている所を含め用水沿いが全町を通して高木の用水北と云う、こみ入った地域だった。
 さらに、まち境の道路が江戸時代のままの道筋なんだ」
 
東大和市町名図新堀地域 
「よもやま話に『芸者にばけた狐』があるじゃない」
「小川新田に住む親戚の結婚式に行って、肴を持っての帰り途、高島田の芸者に出合う。いつの間にか道案内をされて、どこまで行っても村に帰り着かない。やがて、夜が明けたら芸者も肴も消えていた。って云う話だろう。
 あり得るよ、明治15年の地図で見ると、ほとんど全域が雑木林になっていて、昭和30年代までは無人の地域だったもの」
 
用水工夫 
「モニュメントの「用水工夫」、美男子ね!! ワタシ好みだ」
「恋人に捨てられた雄の狐が、化けてんだよ」

東大和市案内図新堀地域周囲色 
神明宮5

  一丁目の街角に天保9年(1838)の神明宮がまつられています。
  凶作が続き、飢饉に苦しんだ年でした。
野火止用水 
 
  新堀地域は野火止用水の原型に接することが出来るところです。

 話題(新堀地域のブログなどをリンクします)

新堀の神明宮(五穀成就祈願か?)

 新堀一丁目 東村山市富士見町と境界を間近に接するところです。用水北通りから南に向かう道の交差する三角点があり、「神明宮」がまつられています。

新堀神明宮位置図 

新堀神明宮三角地

 今では想像も出来ませんが、この地は、昭和20年代には、一帯に楢、椚などの雑木林が連なり、北側に狭山丘陵まで畑が広がり、いわゆる国木田独歩の描いた武蔵野の雑木林の景観を醸していました。林はなだらかに起伏して小さな丘をつくり、神明宮はその頂に石の祠としてまつられていました。

新堀神明宮1
正面 神明宮

新堀神明宮天保

 右側に「天保九戌年 十一月吉日」
 左側に「多摩郡清水村 林吉 定七」と彫られています。

 江戸時代末、清水村の「林吉・定七」家の私的な神祭の場であることがわかります。当時、清水村は狭山丘陵の麓に日常生活圏を営んでいました。ここは、そこから遙かに離れ、農耕の場で、誰も居住者が居ない淋しいところでした。狭山丘陵の峰に入ると、所々に、同じような石祠による静かな神まつりの姿がありますが、この地もそのままの雰囲気がありました。この祠がたてられた

 天保9年(1838)は「1月1日、打ち続き凶年により、四ヶ年の間村内年賀の礼なき所、今年は世間米穀の価い少しゆるみたるにより、先例の如く年賀の礼を始む。」と指田日記が記すように、東大和周辺の経済状況はやや持ち直し傾向にありました。しかし、
・1月4日、向台に斃死(のたれじに)の者あり・・・、
・2月17日、13日に萩の尾の忠右衛門持ちの畑に、四歳ばかりの男子を裸にして捨てあり。依って忠右衛門宅に連れ来たり置き、御支配に訴え、今日 御出役検使
・3月24日、水戸屋小児 疱瘡にて死す
 と不安な日々が続きます。目を広げると
・3月10日、江戸城西の丸が火災により消失
・閏4月、幕府、諸大名に倹約を命じる
・6月、幕府、モリソン号来航の対策を討議し、強硬論と仁政論とで対立
と幕府レベルでは緊張関係が生じています。東大和市内では
・7月19日、芋久保村豊鹿島神社で太神楽、9月15日、獅子舞奉納
と祭りが催される、一方
・9月17日、蔵敷の三本杉のところで仇討ちが行われる
との状況でした。武蔵村山市内では盗賊、狼藉が続き
・11月17日、幕府は5ヵ年の倹約令を出します。このような中で
・11月吉日、神明宮がまつられました。

 なぜ、本村から遠く離れたこの場所に、神明宮がまつられたのでしょうか? ずっと謎を追い続けています。
 結論は得られないのですが、村山貯水池に沈んだ芋窪村の石川地区で神明社がまつられ、そこには

芋窪村神明社
 天保六未年三月 日
 天下泰平五穀成就 
 武埜芋久保村
 と刻まれています。現在、芋窪4丁目の住吉神社境内にこの石神はまつられています。この銘からは、天保6年(1835)飢饉の最中に「天下泰平 五穀成就」を願ってまつられたことが考えられます。さらに類推すると、3年後、少し展望が開けてきた空気の中で、清水村の村人が、居住地から離れた生産の現場に、同じように「天下泰平 五穀成就」を願って神明宮をまつったのではないかと思う次第です。三角地に由緒もなく、存在さえほとんど知られる事無く建つ祠に、立ち止まります。


sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR