FC2ブログ

立野地域

立野2西北角4
新青梅街道沿いの立野二丁目(西北角)
 

「ともかく、立野って複雑ね。名前から、ずっと畑が続くのかと思ってた。
 そしたら、新青梅街道沿いにはビッシと新しい事業所でしょ。一つ中へ入ると、農業、住宅、そして、桜街道沿いは工業だもの」
「そうなんだ。よく、『まちの特徴を一言で』なんて聞かれるけど、ここは本当に困ってしまう。 

東大和市町名図立野地区

「なぜ、こんなに色々と混ざり合っているの?」
「長い間の都市計画の積み重ねだろうね」

立野四丁目事業者群
立野四丁目の各種事業体

大和町都市計画図土地利用色文字入り3_edited-1

「聞き慣れないけど、工業地域と住居地域が隣り合わせになってるの?」
「東大和市が町の時代、最初の頃の都市計画では、南部一帯に工業地域を設定して事業の立地を誘導して、豊かなまちづくりを目指した。昭和20年代には大小工場群が並んで、IT産業の呼び込みなどをしていたよ。
 ところが、昭和30年代から、東京が急に膨張しただろ。ここは、丁度、都心から35㌔圏にあるから、ほら、いやおうなしのベットタウン化さ。それがきっかけで、住宅地化がアッという間に進んで、用途の混合が起こった。」
東大和市案内図立野地域周囲色

 上の図の立野三丁目、四丁目が工業地域にあたり、四丁目には森永乳業が立地しました。三丁目にも、いくつかの工場が立地しています。
 北部に、隣接する第一光が丘団地などの児童のため、第八小学校が建設されました。南部には集合住宅が建設されました。
 一丁目、二丁目は住居地域でした。平成に入り、モノレール事業が進み、周辺整備を含め、「上北台駅周辺土地区画整理事業」が取り入れられました。
 さらに、周辺の乱開発を防止する目的で、「立野一丁目区画整理事業」が導入されました。このため、雰囲気の異なる区域が隣接し会うことになっています。

区画整理地区内農業
区画整理地区内で行われている農業

「聞いてみると、これからどうなるのか、とても興味がわくわ」
「上北台駅から市役所まで曲線の道路がつくられている。駅から市の中央施設へのアクセスルートで、そのアクセントだろうけど、今後、この周辺はどうなるだろうね」

話題(立野に関するブログなどをリンクします)
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR