高木・薬師堂墓地

 高木・狭山の境界を登ると円乗院の前に出ます。山門に向かって左側に、墓地があります。昭和 31 年近くまでは堂があり、蟹峰堂と呼ばれました。現在は薬師堂墓地と云います。

高木薬師堂墓地 
左薬師堂墓地 右円乗院

 ここは、今は幻となった「狭山三十七薬師」の第三十五番札所でした。まつられていた薬師像は円乗院に現存します。また、墓地は両墓制をとっていました。参り墓と埋め墓を区別する墓制です。

 墓地の中に、話を聞かなければ解らなくなった、狭山三十七薬師と両墓制について刻んだ石碑が建立されています。貴重な資料ですので、少し長くなりますが引用します。

 「高木・薬師堂墓地「墓地改修記念碑」

 「私達の先祖は源平争乱期に円乘院が開創された頃、すでに狭山丘陵の山懐に抱かれてこの地に生活を営んでおりました。
 江戸幕府の初期、慶長年間、寺が後が谷戸上の屋敷から現在の愛宕山に移った以後、尾崎 関田 小野 渡辺氏の一族十七戸に依り境外墓地をこの地に設け、爾来四百年の星霜が移り変わりました。

 敬仏崇祖の念極めて篤く、一堂を建立し、薬師如来(身丈五寸程)を本尊とし、日光仏、月光仏、共に十二神将を安置して、狭山薬師第三十五番の札所としての信仰が極めて深く、祖先の祀りをたやさず、両墓形式に依って、墳墓地を東面して上段に、その前に埋葬場所を設けました。

 永い人生が終わるとこの地に葬られ、土に帰りみ仏となって私共を見守って下さったのです。墓地の中央に大きな柘植の木があり、その形が蟹の姿によく似て仕立てられていたので、人呼んで蟹峰堂と呼ばれておりました。

 この薬師堂墓地を中心に、隣保共助の精神の下、栄枯盛衰を世のならいとしながら、ひたすら生業に励んでまいりました。

 明治の初期、土地の登録をする制度に際し、この墓地は尾崎甚右衛門他十六名の共有地として登録され、現在に至っております。その後、一族の家運大いに振って、人口が次第に多くなったので、昭和三十一年、地主の協力を仰ぎ、西側に約百六十坪の墓地を拡張致しました。

 この度、施主一同が相集まって協議の結果、従来、埋葬地に使用していた土地を改修墓地として活用し、併せて環境整備を行って、永く先祖を偲び、一族の繁栄を願うことになりました。九月十八日一同の手に依り、先祖のお遺骨を収集して浄め、多摩火葬場において荼毘に付して供養を行いました。

 茲に浄財をもって五輪供養塔を建立し、先祖のみ霊をお祀りして、これから後、私ども子孫を温く見守って御加護を頂くことになりました。
 ここに、これまでの経過を記し、私達一同祖先の遺徳を継承して、各々その分を守り、業務に精励して世のため人の為精進を積み重ねたいと思います。

    昭和五十二年十二月八日
             薬師堂墓地施主一同」

 両墓制の名残を現在の制度へ移行した姿が丁寧に記されています。そして、ほとんど忘れられようとしている狭山丘陵を巡る薬師信仰について、記録を集めて、その姿をとどめたいと五輪塔に手を合わせます。

高木薬師堂墓地五輪塔 
五輪塔と墓地改修記念碑

 参考までに、東大和市内の狭山三十七薬師の札所は次の通りです。
 三十三番西楽庵(上宅部 村山貯水池に沈む)三十四番円乗院 三十五番高木薬師堂
 三十六番慶性院 三十七番蓮華寺

高木の笠森稲荷

 東大和市に、江戸時代から信仰を厚く寄せられたお稲荷さんが2神知られます。青梅橋の瘡守稲荷と高木の笠森稲荷です。今回は高木の笠森稲荷を御案内します。
 高木神社の前の道(清戸街道)を約200㍍ほど東方へ向かうと左側に石垣が続き、道を挟んだ一角に笠森稲荷がまつられています。東大和のよもやま話に

瘡守稲荷位置図
 
「向う横町の おいなりさんへ
     一銭あげて ざっとおがんで
    おせんの茶屋へ
     腰をかけたら 渋茶を出した
    渋茶よこよこ横目でみたら
     土のだんごか 米のだんごか
      おだんご だんご
と唄われたのは、絵師鈴木春信の描いた美人のおせんで有名な谷中の笠森稲荷ですが、当市内にもこれと同じ名のお稲荷さんが二つあります。

高木笠森稲荷 
高木笠森稲荷

 一つは高木の○○佐一郎さん宅にある笠森稲荷で、もう一つは字は異なりますが、東大和市駅の高架のそばにある瘡守稲荷(かさもり)です。
 ・・・、高木の笠森稲荷は前述の○○さんの祖父にあたる方が祀られたものです。○○さんの祖父は前述の瘡守稲荷のそばの青梅橋のたもとで馬宿をしていましたが、病にかかり瘡守稲荷にお参りをしたところ治ったので、住いのある高木にも同じお稲荷さんを祀ろうと、天保七年に伏見稲荷の別当寺である愛染寺から勧請してきたのだそうです。

 こちらの方も大変に霊験あらたかでどんな病気でもここを訪れて「カサで悩んでいます」と拝みますと必ず治ってしまうということです。これを伝え聞いて、かなり遠くからもこのお稲荷さんにお参りに来る人があったそうです。
 祈願する時には、唄の文句のとおりまず土のだんごを五つ供えます。そして願がかなうと今度は米のだんごをこしらえてお礼に供えるのです。病気が治ったのを喜んでお餅をたくさん供えていかれた稲城の方もあります。」 

高木笠森稲荷祠
新しくつくられた祠

 と紹介されているお稲荷さんです。どちらも疱瘡に霊験あらたかと信仰されました。疱瘡は種痘が一般化されるまでは、命取りに近い病でした。ほとんど医師の居ない江戸時代の村では、修験による病魔払い、お地蔵さんやお稲荷さんに祈ることが精一杯のことでした。
 願いに、土の団子を供え、お礼に、米の団子を供えるなど、当時の村人達の生き様が、今では、ユーモラスに感じられますが、親しみのあるお稲荷さんで、現在も祈りが捧げられています。新しい祠に、しみじみとした暖かさを受けます。また、このお稲荷さんがまつられた経緯が祠の説明板に次のように記されています。

「奉納 正一位瘡守稲荷大明神の由来

 江戸谷中笠森稲荷の分霊を勧請祭祀したもの。
 伝承によると村内で悪病に罹った者があったので、明和元年(一七六四)二月初午の日に、愛宕山円乗院の二十八世法印英玄が勧請導師となって、この場所へ笠守(森)稲荷を勧請した。
 その後、天保七年(一八三六)正月吉辰に、日本稲荷総本宮愛染寺住持十六代目知山より宮鍋定七が、この笠守稲荷社の山城国の、伏見稲荷本願所の愛染寺から、分霊を勧請祭祀し「正一位稲荷大明神」と称した。」

 とあります。狭山丘陵の麓の村でお稲荷さんがまつられた経緯、青梅橋の瘡守稲荷との関係が明らかにされています。

 青梅橋の笠森稲荷へ 青梅橋・瘡守稲荷の額と正月へ

奈良橋川・空堀川の合流点

 空堀川の改修が進んでいます。東大和市には、高木に奈良橋川と空堀川の合流点があります。合流点だけに、洪水の場合、溢水して水害を受けたと伝えられます。空堀川整備はその解消も課題の一つで、現在その箇所の河川改修が行われ、現地に、東京都建設局による整備工事の案内板・説明板が掲げられています。
 工事前と改修工事施行後の対比が、これまで進められてきた工事内容と共に手際よく記されていて、とても参考になります。地元にとっては未来に残したい案内板・説明板です。そして、何よりも注目は、次の工事が始まるまでの間、大きく変わる前の姿を見る事が出来ることです。

高木合流点河川整備案内板 
東京都建設局案内板
 
 この地点は、古くは中世、江戸時代には入間郡(埼玉県の一部)と多摩郡(東京都の一部)を結ぶ主要な広域道路、府中道と呼ばれる道筋でした。その道を渡す橋が合流点に接して架けられています。高木橋と呼ばれます。
 
天保11年道路図奈良橋川・空堀川合流点_edited-1

奈良橋川・空堀川合流点昭和61年
改修前の合流点(東京都建設局案内板)

奈良橋川・空堀川合流点2006年 
改修前の合流点の状況
 
奈良橋川・空堀川合流点整備後
改修後の合流点の移動(東京都建設局案内板)

 河川改修後の橋の位置はほぼ従前どおりですが、奈良橋川と空堀川の合流点が、従前は橋の左側にあったものが、改修後は右側に大きく移動します。そのため、奈良橋川の流末が北側に移動し、従前の景観とは大きく異なる姿になります。変わる前の姿を現地に立って目に残して頂きたく、数ヶ月の間と思われますが、現状を紹介します。

奈良橋川流路変更2_edited-1 
奈良橋川流末の移動の現況

新奈良橋川高木合流点_edited-1
新合流点と2012年10月現在の状況
 
奈良橋川流路変更_edited-1
2012年10月現在見られる流路変更前の奈良橋川

高木地域

東大和市町名図高木地域


「どうして、高木なの?」
「高木神社に松や杉の大きな高い木があってさ、府中や青梅、田無あたりからも見えたんだって。それで、いつの間にか、そう呼ばれたのが始まりだってさ」
「随分わかりいいけど、ホンとかな」

 幕末から明治初年の記録『狭山之栞』(さやまのしおり)は上記の由来を紹介して
『現在、神木と称する欅の枯れし幹のみ存せり。その高さ二間程、めぐり八尺あり。」としています。もう一つの江戸幕府が編纂した資料では「郷庄の唱を伝えず、』(新編武蔵風土記稿)としています。

「ということで、どうだったのかな・・・」
「それじゃ、高木神社は?」
「明治になって名前を変えて高木神社になったんだ。もとは尉殿権現社(じょうどのごんげん)だった」
「凄い名前ね」
「高木の地域性をよく表していると思うよ」

 尉殿権現社は、西東京市にあります。現在の田無神社の前身です。水の神とされます。田無と同じように、高木は水田のない地域です。狭山丘陵の南麓の「ハケ」(=湧水)を唯一の生活水源とする畑作地域です。一方、南の原中に、奈良橋川と空堀川の合流点を持ち、川端と呼びました。普段は水量の少ない「藪川」(やぶかわ)ですが、事あるときは溢水の被害を起こしたと伝えられます。狭山丘陵南麓の「山際」「本村」(ほんむら)から、原の川端までが高木の人々の日常生活圏でした。そこで水の神がまつられたのでしょう。
  
東大和市案内図高木色塗り完

「高木の獅子舞って有名じゃない・・・」
「現在も毎年9月に舞われている。それは江戸時代の舞だけど、別に、古い獅子頭が伝えられている。言い伝えでは中世に遡る可能性があり、今調査中なんだ」
「中世って云えば、高木を通る八王子道って、その頃の道?」
「うん、八王子へ向かう直通の道で、東大和市の中を斜めに通っている」
「それに、高木神社の前を通る道も古いと聞いたけど・・・」
「うん、清戸街道だろ。両方とも八王子城主・北条氏照に関係するかも知れない。清戸街道は所沢の滝の城への道とも考えられる」

 ということで、歴史的にも豊かな背景を持ち、明治初年には連合戸長役場が置かれ、6っの村の政争の激しい中心点になりました。狭山茶の育成が行われ、個建ちの住宅が開発を進める話題を含む地域です。

 話題
  高木地域に関するブログなどをリンクします。   
sidetitleプロフィールsidetitle

野火止用水

Author:野火止用水
 歴史大好き爺です。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleLc.ツリーカテゴリーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR